花粉症肌かゆい肌荒れ

花粉症の人は、鼻水や目の不快感以外にも、肌にかゆみが出る時が有ります。

これを「花粉症皮膚炎」と言うのですが、かなかな認知されていない疾患で、花粉症の人の約9割がこの疾患の名称を知らないと言う結果が出ています。

そこで、今回はこの「花粉症皮膚炎」の症状と、治療方法、家庭で出来る改善方法に関してご紹介します。

スポンサーリンク

「花粉症皮膚炎」って何?

「花粉症皮膚炎」とは、花粉の時期になると肌に花粉が付着し、肌が敏感になる事で起きる肌荒れの事で、このような症状が現れます。

  • 肌のカサつき
  • かゆみ
  • 赤く細かい湿疹
  • 普段使用している化粧品がしみる

「花粉症皮膚炎」の症状は、鼻水や目などの代表的な花粉症症状と共に現れる時も有りますが、単独で現れる時も有ります。

近年の研究により、「花粉症皮膚炎」の症状を持つ人は、遺伝的にアトピー因子を持っていて、体内のセラミドが少なかったり、天然保湿成分であるNMFの元となるフィラグリンが少ない事が分かっています。

事実、私の子供がアトピーなのですが、私自身は「花粉症皮膚炎」が出ます。

なので、身内にアトピーの人がいる花粉症の人が花粉症シーズンの間に肌のかゆみなどを感じたら、「花粉症皮膚炎」である可能性を考えた方が良いでしょう。

では次に、治療方法についてご紹介します。

「花粉症皮膚炎」の治療方法は?

「花粉症皮膚炎」は、花粉症役をちゃんと飲んでいれば症状がおさまることがほとんどなのですが、症状がひどい場合は、皮膚科医かアレルギー専門科で治療を受ける事が出来ます。

まずは、皮膚科かアレルギー専門科で血液検査を受け、アレルギーの原因を突き止める事が肝心です。

特に、肌にだけ花粉症の症状が出ている人は、より一層皮膚科医でアレルギー検査を受ける必要が有ります。

もう既にアレルギーの検査を受けている人は、かかりつけの医師で相談をするといいでしょう。

「花粉症皮膚炎」の治療には、ステロイド外用薬やヒルロイド類似物質等を含む保湿剤などが処方されます。

用法用量を守って、ちゃんと正しく使いましょう。

スポンサーリンク

家庭で出来る「花粉症皮膚炎」の改善方法

家庭でも「花粉症皮膚炎」の改善対策が出来ます。

まず、花粉症役をきちんと飲む事は大前提なのですが、花粉がつきにくい、ついてもすぐに落ちるツヤツヤした生地のコートとマフラーを使い、きっちりと花粉が襟元から服の中に入らないようにします。

その上で、マスク、帽子、花粉用ゴーグルでしっかりとガードします。

コンタクトをしている人は、この時期だけメガネに切り替えると、目の不快感軽減になるのでおススメです。

帰宅をしたら、玄関に入る前にコートやバック、帽子に付着した花粉をよく落とす事を忘れないで下さい。

そして帰宅したら早々にメイクを落とし、顔を洗ったり目を洗ったりの洗浄を徹底的にします。

ちなみに、帰宅後の洗浄は水やお湯だけでも大丈夫なので、肌荒れが気になる人は必要以上石鹸やフォームを使用しないで下さい。

室内では、空気清浄機をつけてしっかり花粉を掃除するのを忘れずに行って下さい。

洗濯物は部屋干しが基本ですが、どうしても外干しをしたい人は、取り込む前に園芸用のブロワーでホコリや花粉を徹底的に落としてから取り込みます。

布団も、この時期は干す回数を減らし、干したら徹底的に園芸用ブロワーで花粉を吹き飛ばしましょう。

ちなみに、私も花粉を吹き飛ばす道具は色々試しましたが、園芸用ブロワーが一番簡単で確実でした。

なかなか音がすごいのでご近所迷惑になる可能性も有りますが、可能な人はやってみてください。

まとめ

「花粉症皮膚炎」についてまとめると、このようになります。

  • 花粉シーズンの肌荒れは「花粉症皮膚炎」と言う。
  • 「花粉症皮膚炎」の症状がひどい場合は、皮膚科医かかかりつけ医に相談。
  • 家庭で出来る予防方法は、とにかく家に持ち込まない。服の隙間に入れない。

「花粉症皮膚炎」に関してご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

花粉避けの服装というのは、実用性を重視すれば重視するほど、ダサい服装になっていきます。

それだけならまだしも、極めれば極めるほど怪しさも増し、目出し帽にガスマスクかと思うようなフィルターのついた花粉避けを装着している人を見かけた事が有ります。

ホームセンタースタッフだったのですが、流石に2度見必須で、花粉症だから、自分の所の製品をPRしていたのさ。と理解したのですが、あのスタッフは今年もいるのか?と、ちょっと気になるものです。

しかし、ダサい服装をしていても、花粉シーズンが終わればダサい服装でしっかり守っていたので肌はダメージを受けずに済んでいるのです。

半年もしない内に終わるのですから、しっかり肌をガードして、花粉が終わるまで守り続けましょう。

スポンサーリンク
こちらもオススメ