花粉症薬効かない

花粉症の鼻水、鼻詰まり等の辛い症状は、薬で抑えるのが有効ですが、花粉症の薬を飲んでも、鼻水が止まらない。くしゃみが出る。鼻づまりで苦しい。等の症状に悩まされ、花粉症薬が効かないと感じている人も少なくありません。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

今回は、花粉症薬が効かない理由と、効かない時の対処方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

花粉症薬が聞かないと感じる理由

花粉症薬が効かないと感じる理由はいくつか考えられますが、その1つに薬が症状と一致していないというのがあげられます。

花粉症の薬には、病院で商法される処方薬と、薬局やドラッグストアで買える市販薬が有りますが、主な種類は次の2つです。

  • 抗ヒスタミン薬
  • 抗ロイコトリエン薬

「くしゃみと鼻水が止まらない」という場合には、くしゃみと鼻水が出る原因となるヒスタミンを阻害する抗ヒスタミン薬が有効で、症状を和らげる事ができるようになります。

一方、「鼻詰まり」にはロイコトリエンと言う物質を阻害する事が必要で、鼻詰まりが酷い時には抗ロイコトリエン薬が必要になるので、病院で診察を受ける必要があります。

後、花粉症全体の症状が今の薬で抑えられない場合は、第1世代の抗ヒスタミン薬を使用するのも有効です。

抗ヒスタミン薬と言うのは、発売された年代で第1世代と第2世代で分けられており、第1世代の抗ヒスタミン薬の方が即効性に優れています。

副作用の眠気が強烈なので、夜寝る前にだけ飲む。等の対策を必要としますが、第2世代の抗ヒスタミン薬は眠気を抑える代わりに効果が緩やかに現れると言う特徴を持っているので、もし効果が薄い。と感じている場合は、第1世代の抗ヒスタミン薬に変えてみると言うのも1つの手段です。

次に、花粉症薬が効かない理由は、風邪なのに花粉症だと思って花粉症薬を飲んでいる。と言う事があげられます。

花粉症も風邪も原因は異なりますが、基本的には症状を抑える対処療法が中心になります。

花粉症の薬は、アレルギー反応を抑える事がメインになるため、総合感冒薬に有るように、ウイルスや細菌の感染による炎症を抑える効果がメインではありません。

その為、風邪の時に花粉症役を使用しても、また、花粉症の時に風邪薬を使用しても効果が感じにくいのです。

花粉症と風邪は、下記のように症状に違いがあります。これらをきちんと見ると、花粉症なのか風邪なのかの見当がつくようになります。

花粉症と風邪の違い

花粉症の症状

  • 喉→咳、かゆみ
  • 鼻水→透明でサラサラした鼻水
  • くしゃみ→1日に何度も出る
  • 目→かゆい、ヒリヒリする
  • その他→頭痛

風邪の症状

  • 喉→咳、痛み
  • 鼻水→白〜黄色で粘り気が有る
  • 目→無し
  • 熱→微熱〜高熱
  • その他の症状→腹痛、吐き気、下痢、吐き気、悪寒等

特に、花粉症の頭痛と、風邪による頭痛は発生のメカニズムが異なるので、市販の頭痛薬は花粉症の頭痛には効果が有りません。

花粉症薬が効かない時の対処法

今飲んでいる花粉症薬に効果が感じられない時は、使用している薬の変更を検討しましょう

薬の種類によっては、副作用が起きやすい物も有りますので、症状に合わないものを選択する事がないように、必ず医師や薬剤師に相談をしましょう。

そして、別の疾患の可能性も有るので、症状が重かったり、鼻や目以外の症状を感じる時は、早めに医療機関を受診して下さい。

セルフケアも肝心です

花粉症の症状を抑えるのは、薬だけではなく、日々の生活の中でも花粉を体内に取り込まないようにするセルフケアも肝心です。

特に、マスクは花粉を取り込まないようにする最大かつ一番簡単な手段なので、外出時には着用を徹底しましょう。

そして、帰宅した時は花粉を家の中に持ち込まないよう、払い落とす習慣を徹底するのも重要です。

スポンサーリンク

まとめ

花粉症薬が効かない時の対処法をまとめると、このようになります。

  • 今飲んでいる薬を変えてみる。
  • 花粉症と風邪を街がている可能性を考えてみる。
  • 薬を変える時は、必ず医師や薬剤師に相談。

花粉症の薬が聞かない時の原因と対処法をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

花粉症の症状は、アレルギー反応が次から次へと起きる為、症状が悪化してから薬を飲んでも、なかなか効果が感じにくいものです。

花粉症の始まる前から飲むのが肝心とされていますが、これを守る事で本当に花粉症の症状を緩和することが出来ますが、花粉症だと思っていたのに違う薬を飲み、副作用だけ出て損をした気分にならないよう、必ず医師や薬剤師に相談をする習慣をつけましょう。

最後までお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク
こちらもオススメ