ゆず化粧水が「お肌に良い」と評判ですね。

でもいざ自分で使用するとなると、

  • 『本当にシミへの効果があるの?』
  • 『作るのに面倒なのでは?』
  • 光毒性はないの?』

このような疑問が浮かんできませんか。

まず答えから言ってしまうと、ゆず化粧水はゆずの種を使っているだけなので、自然由来の非常に安全な化粧水になります。

また作り方も、とてもシンプルで簡単です。

ゆず化粧水は、便利で簡単に作れるのに、保湿効果が高かったり美白効果が期待できたりと、女性に本当におすすめの化粧水です。

この記事を読んでゆず化粧水のことを詳しく知って、ぜひアナタ手作りのゆず化粧水にチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

手作りゆず化粧水はいい事ずくめ!シミやソバカスを予防

ゆず化粧水 シミ
手作りのゆず化粧水の場合は、ゆずの果汁や皮ではなく「種」を使うことが特徴です。しかも、作る時に「種をつぶす」といった面倒くさい作業は必要なく、種をそのまま使うので、とても簡単に作ることができます。

ゆず化粧水の効果とは?

簡単に作ることができるゆず化粧水ですが、その効果はどうなのでしょうか。

実は、ゆずの種は「ペクチン」というゼリー状のようなものに包まれており、この「ペクチン」が肌に「保湿効果」を与えてくれます。

さらに種に含まれる成分は、メラニンの生成を防止してくれるので、「シミ、ソバカス対策」としても最適です。

ゆず化粧水を使うことにより、肌の血行も促進されるので、その結果「美白効果」も期待できます。

また、柑橘系特有の香りによる「リラックス効果」も得られます。

気になる光毒性は大丈夫?

「紫外線によって肌にダメージを与える光毒性」、気になりますよね。

お肌に良いと思って使っている化粧水に光毒性があったら大変です。

しかし、よく考えてみると、自然の中で紫外線を浴びているのは柚子の「皮」です。ゆず化粧水で使うのは「種」だけですよね

ゆず化粧水は、紫外線を浴びたゆずの皮を使うわけではないので、光毒性の心配はありません。

 

このようにゆず化粧水は、安全で安心して使えるいい事ずくめのものなんですね。

このいい事ずくめのゆず化粧水、実は作り方も非常にシンプルなので次項にまとめます。

ゆず化粧水を作ろう!

材料

基本的に材料は、ゆずの「種」「水」か「焼酎」だけです。

「種」はゆずから取って乾燥させたものや、市販されているもの、どちらでも構いません。

水で作る方法、焼酎で作る方法、それぞれの作り方を紹介していきます。

作り方

「水を使う方法」

  1. まず、瓶を熱湯で煮沸消毒します。
  2. そこにゆずの種を入れ、ゆずの種の3倍くらいの量の水を注ぎます。(できればミネラルウォーターや精製水がおすすめ)
  3. 冷蔵庫に入れて、とろみが出るまで1週間ほど保管します。
  4. とろみが出た液体を、目の細いザルかコーヒーフィルターで濾して、熱湯で沸騰消毒した容器に移し替えます。

「焼酎を使う方法」

  1. まず、瓶を熱湯で煮沸消毒します。
  2. そこにゆずの種を入れ、ゆずの種の5〜10倍ほどの量の焼酎を入れます。麦焼酎や日本酒でも代用できます。
  3. 冷蔵庫に入れて、とろみが出るまで1週間ほど保管します。
  4. とろみが出た液体を、目の細いザルかコーヒーフィルターで濾して、熱湯で沸騰消毒した容器に移し替えます。

水で作る方法、焼酎で作る方法の違いは?

手順はほとんど同じで、2番目の液体の量だけが異なります。そこだけ注意してください。

化粧水としての特徴は、水を使って作ると「肌への刺激が少ない」ので、敏感肌の方は水で作るのがおすすめです。

一方、焼酎を使った場合は、日持ちするという利点がありますので、肌が弱くない方はできるだけ焼酎で作りましょう。

注意点としては、水を使った場合は腐敗が早いです。冷蔵庫に保管して、目安として2週間以内になるべく早めに使い切りましょう。

焼酎で作ったゆず化粧水はどのくらいもつかというと、冷蔵庫保存で3ヶ月はもちますので、気長に使うことができます。

スポンサーリンク

柚子はどこで買える?手に入りにくい春、夏はどうすれば?

秋頃から冬場にかけては柚子のシーズンということもあり、スーパーの店頭などでも比較的手に入りやすいのですが、それ以外の時はどうすればいいのでしょうか。

ひとつの方法として、少し手間ですが春夏に向けて、冬の間に「余ったゆずの種を日陰で乾燥させて冷蔵庫に保管」しておくとよいでしょう。

それが大変なら、インターネット通販でも乾燥させたゆずの種を購入することができます。

もちろん秋冬でも↓↓ネット通販↓↓はカンタン便利なのでオススメですよ!通販の最安値を探してきました。

>>意外と安い!?ゆずの種の最安値をここからチェック!!<< ゆず化粧水 作り方

ゆず化粧水にひと手間加えて効果アップ!

ゆず化粧水にグリセリンや精油を加えることで効果アップを狙ってみましょう。あなたオリジナルのゆず化粧水にも挑戦してみてくださいね。

グリセリンで保湿力をアップ

ゆず化粧水の5%ほどの量のグリセリンを加え、容器を振りよく混ぜましょう。グリセリンには水分を引き寄せる力があるので、保湿力をアップさせることができます。

精油で気分をリフレッシュ

精油には気持ちをリフレッシュさせる効果があるので、少量を加えることで気持ちを落ち着かせるなどの効果が期待できます。

まとめ

ゆず化粧水でシミやソバカス予防ができたり、美白効果が得られたりといった効果があるので、肌に悩む女性の強い味方といえます。

作り方は非常にシンプルで、ゆずの種に水や焼酎などを加え、1週間ほど冷蔵庫で保管するだけおり、。誰でも簡単に作ることができます。

また、グリセリンや精油を加えることによって自分好みに仕上げることも可能です。

「市販の化粧水には添加物が入っていて使いづらいなといった方」や、「なかなか肌に合う化粧水が見つからないといった方」は、安心の手作り化粧水の第一歩としてゆず化粧水をぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク
こちらもオススメ