伊勢神宮の内宮参拝方法は、実は、他の神社とちょっと違うのでいろいろ注意が必要になったりします。

そして伊勢神宮は「願い事禁止」だったり「お賽銭禁止」というウワサを聞いたことがありませんか?

今回は、伊勢神宮内宮の参拝方法について知りたいあなたのため、伊勢神宮内宮の参拝方法と、「伊勢神宮願い事禁止」「お賽銭禁止」についての真実を紹介します。

スポンサーリンク

伊勢神宮内宮の参拝方法

伊勢神宮内宮を参拝するときの注意点とは?

伊勢神宮は「外宮 → 内宮」と参拝をするのが慣例になっているので、内宮を参拝する前に必ず外宮の参拝を済ませてから行きましょう。

そして、外宮の参拝を済ませたら内宮の参拝になるのですが、伊勢神宮はとても厳格な神社なので、内宮の参拝の際は下記のことに注意してください。

  • 参拝路は右側通行。中央を歩いてはいけない。
  • 鳥居に入る前に必ず1礼。
  • 撮影禁止場所があるの必ず伊勢神宮のホームページで確認。
  • 途中にある別宮は内宮参拝の後に行く。

注意点がわかったところで、次に内宮の参拝方法について詳しく解説します。

伊勢神宮内宮に行く前の受付とは?

内宮にお参りをする前に、内宮に行く途中にある「お取次ぎさん」とも呼ばれている「瀧祭神(たきまつりかみ)」様にご挨拶をします。

ここは会社でいう受付に相当し、ここに挨拶をした人は天照大神様に引き継いでもらえます。

もちろん、ここに立ち寄らないと内宮に入れてもらない、ということではありません。

しかし、どこの神社でもそうですが、受付に相当する神様のお社があった場合はまずそこにご挨拶をしてから参拝をする、というのが古典的な参拝方法です。

伊勢神宮内宮の受付である「瀧祭神(たきまつりかみ)」様には、簡単な住所と名前を名乗り、伊勢神宮に来た理由を話すと良いでしょう。

伊勢神宮内宮の正しい参拝方法とは?

正しい内宮の参拝は、二礼二拍手一拝になります。

一部では「八拍手」と言われておりますが、伊勢神宮としてすでにホームページでも二礼二拍手一拝を明確に示してますので、二礼二拍手一拝以上は行わないのがマナーです。

>>参考の公式ホームページはこちら

 

 

ところで、伊勢神宮と言うと「個人的なお願い事禁止」「お賽銭禁止」と言うのが有名ですが、この件に関してすごく気になりますよね?

次の項目では、この「個人的なお願い事禁止」「お賽銭禁止」と言うのを徹底的に掘り下げて紹介します。

伊勢神宮の「個人的なお願い事禁止」「お賽銭禁止」について

伊勢神宮の外宮もそうですが、内宮も「個人的なお願い事禁止」「お賽銭禁止」というのは本当です。

この理由は、内宮ではなく別宮の方で受け付けているからになります。

「お願い事は、別宮で行いましょう」ということです。

実際に、内宮の別宮である「荒祭宮、風日祈宮、月読宮、倭姫宮、滝原宮、伊雑宮」にはお賽銭箱が設置されています。

個人的なお願い事がある人は内宮の参拝が終わったらそちらに移動をしましょう。

ちなみに、祀られている神様はこのようになります。

別宮の神様たち

  • 荒祭宮 → 天照大神の荒魂。
  • 月読宮 → 月読尊を祀っている。 お参りする順番が有るので伊勢神宮のホームページで確認をしておく。
  • 滝原宮 → 天照大神を祀っている神社。お参りする順番が有るので伊勢神宮のホームページで確認をしておく。
  • 伊雑宮 → こちらも天照大神を祀っている神社。
  • 風日祈宮 → 級長津彦命と級長戸辺命を祀っている神社。
  • 倭姫宮 → 倭姫命を祀っている神社。

ところで、「お賽銭禁止」は分かりやすいのですが、「お願い事禁止」という場合はどうしたらいいのでしょうか?

この件に関して、次の項目で「願い事が禁止になってもできる神社の参拝方法」を紹介します。

スポンサーリンク

お願い事が禁止になってもできる神社の参拝方法

願い事が禁止になってもできる神社の参拝方法ですが、それはずばり「伊勢神宮に来た目的を言う」になります。

ネットにあふれる他の多くの情報では、道徳的に無難だからなのか「日々の感謝や報告をする」と言っています。

しかし実際は、神様の前で日々の感謝をさらっとできる人なんてなかなかいませんし、もしいたら絶対あなたキャラ作っているでしょ?って言いたくなります。

その点、「伊勢神宮に来た目的を言う」のなら誰でも簡単にできます。

ただし、天照大神様は日本の神様のトップなので、決して「外宮の参拝のついで出来ました」と言ってはいけません。

この「天照大神様はおまけ」的な発言さえしなければ、「観光で来ました」でも「初詣だから来ました」でも正直に話して大丈夫なので、願い事禁止になった時はこの方法を使用しましょう。

まとめ

伊勢神宮内宮の参拝方法と、願い事禁止についてまとめるとこのようになります。

  1. 伊勢神宮内宮の参拝方法は色々注意点が有る。
  2. 伊勢神宮内宮と外宮は願い事禁止だが、同一敷地内に有る別宮はOK。
  3. 願い事禁止の時は参拝理由を言う。

伊勢神宮の参拝方法と願い事禁止について紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

伊勢神宮は厳格な神社なので色々決まり事があって大変ですが、慣れれば割とすぐこなせるものなので肩肘張らず是非やってみて下さいね。

スポンサーリンク
こちらもオススメ