花粉症蓄膿症違い原因

花粉症と言えば、鼻の症状が有名で、これに悩まされている人は本当にたくさんいますが、実はこの鼻水というのには大きく分けてアレルギー性のと感染性のがあるのをご存知でしょうか?

花粉症もそうですが、アレルギー性の鼻水は水性で、何もしないでいると滴り落ちてきますが、風邪等による感染症性は、黄色くて膿のような塊になっていて、鼻をかまないと出てきません。

そして、もう1つ、黄色い鼻水になる鼻の疾患に、蓄膿症があります。

風邪や花粉症など、慢性的な鼻炎が引き起こす非常に身近な病気なのですが、今回は、この蓄膿症に関してご紹介します。

スポンサーリンク

蓄膿症ってなに?

鼻の周辺には、副鼻腔と言われる器官が有り、ここは普段空洞になっています。

風邪や花粉症等でこの副鼻腔に炎症が起きる疾患を副鼻腔炎と言いますが、初期に発見されると急性副鼻腔炎と呼ばれ、長期化した副鼻腔炎を慢性副鼻腔炎、または蓄膿症と呼びます。

蓄膿症の症状は?

この蓄膿症に感染すると、下記のような症状が現れます。

  • 鼻づまり
  • 何度鼻をかんでも鼻水が出てくる。
  • ドロッとした黄色や緑色の鼻水が出てくる。
  • 頰や目の周りなどが重く、痛みもある。
  • ネバネバとした鼻水が喉まで回り、不快に感じる。
  • 鼻詰まりで嗅覚が鈍る。
  • 鼻の中から嫌な臭いがする。
  • 頭痛。

これだけでなく、顔と言う様々な期間が集まる場所に病気が発生するので、中耳炎を始め、目の疾患、脳の疾患も蓄膿症を引き金に起きる事があり、命に関わる時も有ります。

蓄膿症になる原因

蓄膿症になる原因ですが、主に風邪花粉症から来るアレルギー性鼻炎鼻の形が原因と考えられています。

風邪、花粉症やカビによるアレルギー症状の場合では、鼻の粘膜炎症が副鼻腔にまで広がり、蓄膿症を起こします。

鼻の形の場合は、左右を分ける仕切りの役割を果たす鼻中隔に原因があり、これが極端に曲がると片方の鼻の通りが悪くなり、副鼻腔が炎症を起こしやすくなります。

これらの原因以外にも、虫歯、偏った食生活、ストレス、顔面の怪我が原因となる事があります。

蓄膿症と花粉症の違い

では、蓄膿症と花粉症は何が違うのでしょうか?

一番分かり易い違いというのは、鼻水の見た目です。

風邪を引いた時にも黄色い、ネバネバの鼻水が出てきますが、これと同じ鼻水が大量に出てきます

花粉症の特徴である目のかゆみとくしゃみもなく、先にご紹介しました、蓄膿症の症状が出ます。

花粉症による鼻炎の場合は、さらさらとした水性の鼻水が出て、拭かないと滴り落ちてきます。

これは、鼻の粘膜についた花粉を洗い流すためにこういう水性の鼻水が大量に出るようになるのですが、明らかに蓄膿症のとは違うので、花粉症の方で、ネバネバした鼻水が出た時は花粉のせいだと思わず、必ず副鼻腔炎の可能を疑ってください。

スポンサーリンク

蓄膿症の診察と治療方法

蓄膿症は、急性副鼻腔炎である初期の内に直してしまうのが一番肝心です。

蓄膿症の診察は、レントゲンかCTによって頭部を撮影する事で行います。

本来、副鼻腔炎の内部は空洞なので、レントゲンなどに撮影をしても黒くなっています。

この、普段は黒いはずの副鼻腔に炎症が起きると、白くレントゲンに映るようになりますので、蓄膿症か田舎の診察はこのように副鼻腔が白いか黒いかで判断します。

蓄膿症の治療方法は、抗生剤を中心とした、投薬治療によって行います。

蓄膿症の治療には早くて数週間、長いと数ヶ月に及ぶので、根気よく、気長に治療を続ける事が肝心です。

ネプライザーと言う購入治療を行う場合もありますし、鼻の洗浄を耳鼻科で行うのも有効とされています。

しかし、鼻茸と呼ばれるポリープの一種が鼻の中に出来ていると、これを切除する手術が必要になる時もあります。

蓄膿症を予防するにはどうしたらいいのか?

蓄膿症にならないようにするには、風邪やアレルギー症状等で鼻炎を悪化させないようにする事が重要です。

鼻うがいで鼻の粘膜を清潔に保つだけでなく、鼻水が出たら可能な限り外に出す事が肝心です。

特に、最近では抗アレルギー薬の市販化により、鼻炎を蓄膿症に悪化させる人が増えているので、副鼻腔炎の可能性がある時は、必ず医師の診察を受けてください。

まとめ

花粉症で黄色鼻水が出るのをまとめると、このようになります。

  • 花粉症の鼻水は水性。黄色いドロドロ鼻水は蓄膿症や風邪の可能性有り。
  • 蓄膿症は悪化させると治療が長期化する。疑わしい時は医師の診察を受ける。

花粉症の鼻炎と、感染症による鼻炎の違いをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

寒い時期にも副鼻腔炎や蓄膿症は多発しますので、これからの時期、かたが鼻水と思わず、身に覚えがある時は必ず診察を受けて下さい。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク
こちらもオススメ