花粉症レーザー治療

長年花粉症の人は、少しでも花粉症の症状を抑えるべく、花粉シーズンになる前に色々対策を取りますが、ヨーグルト等の腸内環境改善を筆頭に、この花粉シーズン前の対策というのは本当に色々あります。

その、本当に色々ある花粉シーズン前の対策の一つに、レーザーを鼻の穴に当てて鼻炎症状を軽くするというのが有り、鼻水の症状で悩まされている人には、この事について興味関心がある人もいるでしょう。

そこで、今回はこのレーザーを使用した鼻炎症状軽減治療の事についてご紹介します。

スポンサーリンク

鼻の穴にするレーザー治療は何をするの?

様々な場所でレーザーによる治療は行われていますが、花粉症におけるレーザー治療と言うのは、鼻の粘膜にレーザーを照射し、鼻の粘膜にあるアレルギー症状を起こす場所を減らしたり、鼻粘膜のアレルギー反応を鈍くする治療法です。

ダニやホコリが原因のハウスダストによる鼻炎の治療にも使われており、現在最も多くの改善効果を実証しています。

花粉症が原因による鼻炎には、花粉症シーズンの前に処置をしておくのが理想的と言われていますが、レーザーの種類によっては花粉症の症状が出ている時でも治療が可能なものが有ります。

治療時間は1時間前後で終わり、日帰りが可能なので、気軽に治療を受ける事が出来、レーザー照射の間に痛みはほとんどないと言われていますが、念のために麻酔をする場合は、鼻の穴に噴射するスプレータイプのものが使用されます。

花粉症のレーザー治療の副作用はあるの?

しかし、いくら良い治療法でも、副作用が強くてはやる意味がありませんので、鼻粘膜に対するレーザー治療では、どのような副作用が出るのかもご紹介します。

鼻粘膜にレーザーを当てると、一時的に鼻粘膜が腫れ、鼻水やくしゃみが数日続きますが、1週間程度で収まります。

その他、レーザー照射中の痛み、治療後の出血、鼻粘膜の収縮、鼻涙管閉塞による涙目、鼻粘膜の癒着があげられますが、耳鼻科医でレーザー治療を得意とする病院であれば、これらの副作用はほとんど見られないそうなので、鼻粘膜にレーザー勝者をして見たい人は、必ず腕が良いと評判の医師の診察を受けるようにして下さい。

スポンサーリンク

花粉症のレーザー治療の効果はどうなの?

レーザー治療をすると、鼻水、鼻づまり等花粉症による鼻の症状が60〜80%軽減されると言われています。

レーザー治療そのものは、花粉症による鼻炎症状を完全に治せるものではなく、あくまで軽減させる事が目的の治療法なので、これで花粉による鼻症状が全て治ると言う訳では有りません。

花粉の飛散量が少ない時には症状は全くないかもしれませんが、飛散量が多いと症状が出る時が有りますので、「あくまでも今ある花粉症の鼻炎症状を軽くするのが目的」と言う事を忘れずにいましょう。

花粉症のレーザー治療の効果はいつ現れるのか?どのくらい続くの?

治療の効果は、使用されたレーザーによって異なり、「CO2レーザー」では2〜4週間後「半導体レーザー」では1週間程度と言われています。

効果の継続は、個人差は有りますが、大体1年〜3年と言われています。

効果が感じられなくなったら、再びレーザー治療を受けることも可能ですが、過度にレーザー治療を繰り返すと、鼻粘膜が萎縮し、鼻の中にかさぶたが出来やすくなってしまいます。

かさぶたが出来やすくなると、逆に今度は鼻づまりを起こす原因になりますので、過度の使用はやめておきます。

花粉症レーザー治療の費用はいくらかかるの?

花粉症のレーザー治療には保険が適応され、3割負担の場合は初診料から治療後の診察まで合わせ、10,000円〜15,000円かかります。
[clink url="https://chiecafe.com/990.html"]

まとめ

花粉症の鼻症状を抑えるレーザー治療の事についてまとめると、このようになります。

  • 花粉症のレーザー治療とは、鼻炎症状を軽くする治療法である。
  • 治療は1時間程度で終わる。日帰りも可能。
  • 費用は総額で大体10,000円〜15,000円。保険適応内。

花粉症のレーザー治療についてご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

最近、花粉症を根本的に治療しようと、様々な治療方法が開発されています。

一見すると、花粉症と言うのは一度かかるともう治らないアレルギー性疾患のように見えますが、前途は明るく、花粉症が治る日も近い事でしょう。

スポンサーリンク
こちらもオススメ