ダイエット鍋

世の女性の永遠のテーマは「ダイエット」ですが、痩せたくてもカロリー計算をした食事や、運動など自分自身で管理できなくて、挫折することも多くなってしまいます。

面倒なカロリー計算を気にせず、栄養まで補える、簡単なダイエット法があります。それは、「ダイエット鍋」です!鍋で食べ合わせを良くすることによって、脂肪のたまらない体質を作るダイエット方法です。

みんなでワイワイ食べるイメージのある鍋で、ダイエットになるなんて、信じられませんよね。

このダイエット法を実践すれば、健康に無理なく痩せることができますよ!興味のある方は参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ダイエット鍋で太らない体づくり!

食べても太らない、体質作りをするためには、食べ合わせをよくし、しっかり食べて身体の循環をよくしなければいけません。

食べても脂肪が燃える循環を作り、脂肪が蓄積されないようにするために必要なのは、ケトン体です。

ケトン体とは、身体のエネルギー源として使われるもので、ブドウ糖と同じ働きをします。ご飯やパン、麺などの炭水化物から作られるブドウ糖は、エネルギーとして余ってしまった場合、中性脂肪にため込まれるため、太ってしまう原因になっていたのです。

最近の研究で分かったことで、中性脂肪を原料として作られているケトン体は、身体のエネルギーとして使われます。脂肪をエネルギーに変えるという頼もしい物質です。

ケトン体を作っている時というのは、脂肪が燃焼しながらきれいに痩せる体質に変わっている時なのです。

この新たなエネルギー源を作り出す良い循環を作れば、太りづらい体質に変わるのです。

ガッツリお肉も食べれちゃうダイエット鍋

ケトン体を作るためにおすすめなのがダイエット鍋です。ケトン体の原料は、肉、魚、野菜です。お肉を食べでダイエットできるなんて嬉しいですよね。

チキントマト鍋 鳥胸肉を使いトマトスープで、キャベツ、玉ねぎ、トマト、ズッキーニなど好きな野菜と煮込むだけです。

鳥胸肉は、他のお肉にも比べ、低カロリーでダイエット効果もあるのですが、さらに疲労回復効果も期待できる栄養分(イミダゾールペプチド)が入っています。

トマトも、中性脂肪の燃焼を促してくれる飽和脂肪酸(13-oxo-ODA)が入っているので、太りにくい身体づくりができます。

このチキントマト鍋はケトン体の材料がたっぷり入っていて、ダイエット効果にプラスして、疲労回復効果のある鍋です。

スポンサーリンク

風邪をひかない身体に!ダイエットたらキムチ鍋

次にご紹介するのは、たら鍋です。タラの切り身、白菜、長ネギ、シイタケ、マイタケ、カブをカツオ昆布だしで煮込む鍋です。

たらは、良質なたんぱく質の多い割にはカロリーが少なくて、ビタミンDも多くダイエットにはぴったりの鍋です。
ビタミンDは、鉄分の吸収を高めてくれるので、骨粗しょう症予防になる鍋です。

そしてさらに、キムチを入れてみてください。キムチは発酵食品なので、乳酸菌が腸内環境を整えてくれます。免疫力もアップし、風邪のひきにくい健康な体を作ることができます。

後からキムチを入れることによって味の変化も楽しめますね。〆の代わりにたらキムチ鍋で体が温まれば、満腹感も得られます。

サラサラ血液の効果のダイエット鍋

最後は、きのこ鍋をご紹介します。きのこは全般に食物繊維が多く含まれており、お通じも良くなります。

しいたけ、しめじ、えのき、えりんぎ、なめこ、白菜、水菜、長ネギ、厚揚げなど、きのこと好きな野菜をカツオ昆布だしで煮込みましょう。

きのこはほとんどカロリーもないので、とてもヘルシーな鍋になります。きのこの中に含まれているグルタミン酸は、脳の老化防止に効果が期待されています。

さらに、イカを入れることにより、高血圧や動脈硬化の予防・改善が期待できます。イカの中には、タウリンという血液をサラサラにしてくれる成分が入っていて、代謝を良くしてくれます。

意外な組み合わせですが、お鍋で、脳に必要な栄養も補って、アンチエイジング出来るのは嬉しいですよね。ダイエット効果にプラスして、老化予防になるアンチエイジング鍋も試してみてください。

まとめ

お鍋でたくさん食べると太ってしまうというイメージは、〆にあります。ご飯や麺の代わりに、「キヌア」にしてみるのもいいですね。

ケトン体を保てる組み合わせの鍋を食べていれば、太りにくい身体づくりができます。これこそ食べて痩せるダイエット鍋ですね!

ダイエット効果だけではなく、いろいろな健康効果のある鍋料理を紹介しましたが、食べてみたい鍋はありましたか?

冬は、ダイエット鍋を楽しんで、脂肪が身体に溜まらないようにし、栄養を取りながらきれいに痩せましょう。

スポンサーリンク
こちらもオススメ