正月太り対策

毎年悩むのが正月太りという人も多いですよね。今年こそは太らないようにと言っていたけど、予防も対策も考えてなければ、またいつもと同じことになってしまいます。

気をつけたいのは正月休みの睡眠と運動のバランスです。初詣イベントやみんなとの食事の予定もあり、生活習慣も崩れやすくなりますね、

もちろん正月らしい事をするのは大賛成です。と同時に、健康面も視野に入れておかなければいけませんよ。正月こそ、スケジュール管理をして冬を楽しみましょう。

だらだらとした生活にならないように、睡眠対策や、運動不足解消のアドバイスがあります!参考にしてみてください。

スポンサーリンク

正月太りは寝すぎのせい?睡眠対策で改善しよう!

正月太りしてしまう時期で気をつけたいのは、睡眠不足ではなく、睡眠時間のとりすぎと寝る時間が不規則になる事です。

成長期の睡眠量は多めでも大丈夫ですが、成長期を過ぎてからも睡眠時間が多いと、過眠症になってしまい、体もだるくなり、運動する気もなくなってしまいます。

それに、寝過ぎによって余計に眠たくなってしまうこともあります。代謝も悪くなるし筋力も落ちてしまいます。正月太りの対策として、睡眠時間や睡眠量は、普段の生活通りにしておくことが大切です。

睡眠対策

〜気分転換でイベントへ出かけよう!〜

正月ならではのイベントが各地で行われています。お餅つき大会や、凧揚げ大会など、ちょっと散歩に出かけて気分転換するのも大切ですね。地域のイベントで十分楽しめます。
バーベキューやカラオケなどお出かけの企画をするだけでも、目が覚めますね。

〜身体を動かして、ダイエット!~

眠気があるときは、正月太りの危機感もありません。体重計に乗って、現在の体重を確認するだけでも、眠気が覚めそうです。室内で十分なので、ストレッチなどをして身体を動かしましょう。

〜「ちょっと寝」の前に次やることを決めておく〜

仮眠をするのも眠気をとる良い方法です。長くても15分ぐらいにしてください。そして、寝る前には、次にやることを決めて、しっかりアラームをセットしておきましょう。

たまにはたくさん寝ても大丈夫。と考えている方は、毎日のメリハリを大切にしてください。正月休みだからこそ、しっかり寝てしっかり動く生活を送って正月太りにならないように気をつけましょう。

正月太りはもういやだ!運動不足解消はこれで十分

正月に太りやすいのは、やはり冬だからということも原因の一つですよね。たくさん食べてしまうけど、外出もしないし運動もしない…。これでは太りやすい身体になってしまうのは当たり前です。

どうしても運動不足になりやすい時期には、部分痩せをおすすめします。

実は、数年前に私は、上半身を鍛えると痩せやすい身体だという事に気が付きました。足を捻挫したときに、運動不足になってはいけないと思い、上半身だけ鍛えたら、怪我する前より痩せたのです。

上半身運動としてやったことは、3つです。

  • ダンベル
  • 体操
  • マッサージ

ダンベルが家に無かったり、重たいものを持ってやるのは嫌だという人は、拳を作って力を入れるだけで十分です。

ダンベルを持って、腕から動かすようなトレーニングを取り入れましょう。ゆっくり上下、左右など、自分で回数を決めて毎日行うことが大切です。

体操も意識するのは、姿勢と、背筋です。正月など寒い時期は、どうしても身体が丸まりがちです。固まった肩甲骨をはがすように胸を張って、後ろに反りましょう。

10秒でゆっくりしっかり反って10秒で戻る。など身体についてしまった脂肪を確認するように、じっくり体を動かします。上半身を横曲げしたり、ねじったりするのも効果的な運動です。

そして、便秘解消のマッサージをします。お腹を時計回りにゆっくりさするようにマッサージして下さい。

二の腕をつまみほぐすようにマッサージします。そして、二の腕から、脇にかけてリンパをほぐすようにもんでください。

最後にマッサージです。腰に手をあてて、ウエストラインをしっかり確認するように、両手で押しあてながらウエストをマッサージして下さい。

椅子に座ったままでもできる事ばかりなので、正月明けの机に向かっている合間にもやっていましたよ。

上半身を動かすことによって、身体全体がぽかぽかして、足元まで血行が良くなっていくのが分かります。正月太りによるむくみも解消できましたよ。

スポンサーリンク

まとめ

生活リズムまで崩してしまうと、痩せにくい体になってしまいますよ。体内時計も狂ってやる気も起きず、ダイエットには逆効果です。

長い眠りは、レム睡眠の状態で、脳はうっすらと起きている状態になってしまっています。自分では体を休めているつもりでも、代謝も悪くなり、脳が不安定な状態だと、体も休まりませんよね。

運動も正月から…ではなく、年末年始の1週間は必ず取り入れるようにしましょう!

正月は眠気や食気より規則正しい生活を!睡眠対策や、運動不足解消で、正月太りを防ぎましょう。

スポンサーリンク
こちらもオススメ