旅館やホテル等に備え付けてある浴衣は「温泉浴衣」と呼ばれている浴衣です。

「温泉浴衣」は、館内着&寝巻として使用されます。

しかし、この温泉浴衣で問題なのは、下に着る下着はどうしたら良いのか?ということです。

お祭りの時の浴衣には、「女性なら肌襦袢と長襦袢」「男性なら肌襦袢とステテコ」という決まりがありますが、温泉浴衣の場合はどうなのでしょうか?

今回は、旅館の浴衣の下着について知りたいあなたのために、温泉浴衣の下に着る下着の男女別と、温泉浴衣に着替えるタイミングを紹介します。

スポンサーリンク

旅館に行った時の下着はどうすれば?~女性編

女性の場合、温泉浴衣の下は普段着ている下着をそのまま着れば大丈夫です。

温泉浴衣の下にブラをつけていても大丈夫なので、もし補正力の強いブラを愛用している人だったとしても安心です。

でもリラックスタイムを満喫したい人は、スポーツブラを着用したり、パッド付きのキャミソールを温泉浴衣の下に着ると良いでしょう。

もちろん、もしお祭りの時に使用している肌襦袢や長襦袢があればそれを持参しても良いです。

でも荷物の量を極力減らしたい人は、普段から使える下着を使用して温泉浴衣を着ましょう。

旅館に行った時の下着はどうすれば?~男性編

男性の場合は、Vネックのインナーシャツとパンツで温泉浴衣を着用します。

もちろん、お祭りの時に着ている肌襦袢やステテコがあればベストなので、荷物が多少多くなっても構わない場合は持参して行きましょう。

ただ、男性にセクシーさを求める女性の間では、「浴衣の襟元から見える胸板が良いんだ!」という意見もチラホラあります。

ですから「セクハラ!」と言われたり「無駄な色気」と言われない相手と一緒に温泉旅館に行く予定であれば、あえてパンツだけ着用し素肌に直接浴衣を着ても良いかもしれません。

スポンサーリンク

温泉浴衣に着替えるタイミングっていつが良いの?

旅行慣れしていない人だと結構良くある疑問が、この「温泉浴衣に着替えるタイミング」になります。

その答えは状況と個人の趣味で異なりますので、実は、はっきりとした答えを出す事が出来ないのです。

基本は、「到着早々着替えて良い」ということになります。

ただし温泉浴衣はとてもはだけ易いものなので、旅館に到着してから外出する場合はやめておいたほうが無難です。

これ以外にも「旅館の外で食事を取る」「誰かに会う」という場合は、相手によっては温泉浴衣では失礼になる事も予想されるので、温泉浴衣に着替えない方が無難です。

さらに、温泉浴衣で行ける範囲と言うのは宿泊施設によって異なりますので、温泉浴衣に着替える前にスタッフや仲居さんに聞いてみましょう。

ただ、食事も終わらせ、もう温泉を満喫するしかやる事がない!と言う場合は話は別です。

心置きなく温泉浴衣に着替え、下駄をカラカラ言わせながら温泉と温泉浴衣をしっかりと満喫しましょう。

もちろん、正々堂々寝巻きにして寝てしまうのもOKです。

まとめ

温泉浴衣の下に着る下着についてまとめると、このようになります。

  • 温泉浴衣の下に着る下着は、女性は普段から着ている下着で良いが、スポーツブラやキャミがおすすめ。
  • 温泉浴衣の下に着る下着は、男性はVネックとパンツで良いが、肌襦袢とステテコがあったらそれも良い。
  • 温泉浴衣に着替えるタイミングは状況によって異なる。不安なら温泉に入るタイミングで着替える。

温泉浴衣の下に着る下着の男女別と、温泉浴衣に着替えるタイミングを紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

ちなみに、温泉地の宿泊施設では歩いて行ける範囲なら温泉浴衣のまま歩いても大丈夫というところもあるので、もしそんな場所に宿泊出来たら心置きなく到着早々温泉浴衣を楽しみましょう。

スポンサーリンク
こちらもオススメ