車サンシェード

いや~、夏ですね~暑いですね~!

それにしても炎天下に停めていた車の中って熱すぎじゃないじゃないですか!?

車に乗る時の、もはやサウナ状態のあの車内の熱さは本当にどうにかしてほしいですよね。

アナタの車も含め、夏時期にはどの車もサンシェードを使っていますが、そのサンシェードは正しく使えていますか?

サンシェードを使っているのに、乗り込む時にはいつも車内がサウナ状態ならば、もしかしたらアナタのサンシェードの使い方は間違っているのかもしれません。

今回は、改めて車のサンシェードの効果的な使い方から選び方までご紹介していきます。

スポンサーリンク

車用サンシェードで覆うべき2箇所とは?

車用サンシェードをする1番の理由というのは、当然、車内の温度を停車中に少しでも上がらないようにする事に有ります。

実際、私自身車のサンシェードを使用しているのですが、有るのとないのとでは車内の温度が全然違うので、夏場はいつも設置してから車を離れるようにしています。

しかし、ちゃんとした車用サンシェードの使い方を知るまでは、時々ちゃんと設置しているはずなのに思ったような効果が得られない時が有りました。

一体この差はなんなのか?と言いますと、それはダッシュボードとハンドルをちゃんとサンシェードで覆っているかどうか?と言う事に有ります。

実は、車はダッシュボードとハンドルが最も暑くなる場所で、日当たりの良い場所に夏場置いておくと、サンシェード無しでは最高74度にも達し、締め切った車内が暑くなる原因は大体このダッシュボードとハンドル2箇所なのです。

なので、車用のサンシェードを使用する時は、何は無くともこのダッシュボードとハンドルを覆っている事が最も重要となります。

車用サンシェードを使用する時のコツは何?

車用のサンシェードを使用する時のポイントは、とにかくダッシュボードとハンドルを完全に覆い隠す事に有ります。

なので、ポイントで使用するサンシェードよりは、フロントガラスを完全に覆い隠すサンシェードの方が適しているのですが、これにも使い方のコツがあります。

まず1つ目が、車に標準装備されているサンバイザーを使用して固定し、完全にフロントガラスを覆う事になります。

吸盤式のサンシェードも有りますが、あれはうまく取り付けていないと時間経過で落ちてきてしまう事が有るので、日よけを徹底しようとすると、効果が期待できないものになってしまいます。

それを予防するには、サンシェードを設置したら確実に車に備え付けて有るサンバイザーでサンシェードを抑えて、サンシェードをフロントガラスとサンバイザーで挟み込む方法を取るのが1番確実な方法になります。

もちろん、ダッシュボードに少しでも日光が入らないようにするために、確実にサンシェードをフロントガラスにくっつけて設置し、極力フロントガラスから日光が入らないようにします。

これと併用して、コツの2つ目として、ハンドル専用、サイドガラス専用等の補助的なサンシェードをつけていくと、車内温度は確実に抑える事が出来るようになります。

スポンサーリンク

車用サンシェードは何を選んだらいいのか?

車用サンシェードの選び方ですが、まずは日光を遮断する事が重要になります。

なので、サンシェードの色は銀色か白が最適になりますので、可愛いサンシェードを選ぶ場合でもこれらに注意をしてみましょう。

そして、サンシェードのサイズですが、サイドガラスまで覆う大型のサンシェードで外側に設置できる物が良いと言われていて、実際に日よけ効果はそれが1番いいんです。

しかし、外側に設置するサンシェードがなかなか見つからない場合は、とにかく車のフロントガラスのサイズに一致するサンシェードが必要になりますので、時間をかけてしっかりと探しましょう。

コチラは外側設置できるサンシェードで人気のものです!

まとめ

車のサンシェードの効果や設置方法選び方などに関してまとめると、このようになります。

  • 車のサンシェードは車内の温度を上がり過ぎないようにする効果がある。
  • 車のサンシェードは、ダッシュボードとハンドルが隠れるように、サンバイザーでフロントガラスと挟み込むのがポイント。
  • 車のサンシェードは、出来るだけ車のフロントのサイズに一致したものを購入する。

車のサンシェードの選び方や効果について紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

ちなみに、車の車内温度を下げるには、窓を全開にして走行し、エアコンを最強にしてつけっぱなしにしたまま5分位走行するのが1番早く車内温度を下げる方法になります。

エアコンの風が冷たくなったら即窓を締めるのがポイントになります。

スポンサーリンク
こちらもオススメ