寒さ対策と言っても色々とあります。

家で隙間風などを防止するにはどうすればいいのか?とか窓の防寒対策はどうすればいいのか?寒さを防ぐにはどんな格好をすればいいのか?とかといった疑問が次々に沸いてきますよね。

簡単にできる寒さ対策を詳細しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

寒さ対策の服装とは?

寒さ対策と言ってもただ数多く着ればいいってもんではないですよね。

重くて動きづらいとかでは意味がないですね。そんな重ね着のコツを紹介します。

1番下に身につけるものとしては、肌に密着し保温効果があるものがおすすめです。

熱を吸収してくれるインナーのようなものが良いでしょう。

2枚目は綿やウールのような感じの生地で、保温効果があるものがおすすめです。

裏起毛などがあると暖かみが増します。

3枚目は、アウターの下に着る感じなのでデザインなどにもこだわってみたいですね。

ニットやスウェット、フリースといった感じの素材がおすすめです。

最後にアウターですが、裏地が付いているダウンジャケットやコートなどがあると良いですね。熱を逃がさず、しっかりと着こなしましょう。

寒さ対策をしよう!家ではどんなことをするの?

寒さ対策と言っても色々とありますよね。簡単にできる方法を紹介していきます。

ビニール製のカーテンは寒さを防止することができるので、冬場はこちらを使ってみても良いかもしれませんね。

断熱シートを貼ったあとに、厚手のカーテンを付けても寒さ対策できます。

窓枠に「キッチンスポンジ」は縦長に切って隙間を埋めたり、「モヘヤシール」を使ってサッシの隙間を埋めるといったことでも隙間風を防ぐことができます。

暖房器具を窓の近くに置くだけでも、上部と下部の温度差が少なくなります。

スポンサーリンク

寒さ対策をしよう!窓や床にはどんなことをするの?

冬の寒さは窓の隙間や床から入ってきますよね。家に入ると床ってひんやりとしていますよね。そんなときどんな対策をすればよいのでしょうか。

暖房をかけるにしても、長時間だと電気代がちょっと気になる…といった方の為に。

そこで役に立つのが100均グッズです。

お店で売っている、「アルミシート」をカーペットやこたつの下に敷いておくだけでも寒さをしのぐことができます。これで床から来る寒さ対策ができます。

嬉しいことに保温効果があるので、暖房を消しても熱が持続します。ダンボールを敷くといったことでも代用できます。

窓にはどんな対策をしたらよいのでしょうか。

こちらも100円ショップで購入できる「クッションシート」を「マスキングテープ」を使い、クッション部分を窓側に着けるようにして窓全体を覆うように貼っておきます。

お金をかけずとも安価でしっかりと対策ができますよね。

また、ホームセンターなどでも窓用の透明フィルムなどが売っています。

出窓にはプラスチックダンボールを窓のサイズにカットし、立てかけることによって二重窓にすることもできます。

ちょっとした工夫で寒さ対策ができますよね。

寒さ対策のグッズはどんなものがあるの?

これまでに紹介した寒さ対策のグッズについてまとめました。

床周り

  • アルミシート
  • ダンボール

窓周り

  • クッションシート
  • マスキングテープ
  • 窓用透明フィルム
  • プラスチックダンボール

家周り

  • ビニール製のカーテン
  • 遮断シート
  • モヘヤシール
  • キッチンスポンジ

まとめ

今回は、様々な寒さ対策について紹介しました。

外出時の効率の良い重ね着の方法や、簡単にできる家での防寒対策にリーズナブルに行える方法を中心に紹介しています。

寒さ対策のグッズについてもまとめて紹介していますので、対処方法とともに参考にしてみてください。簡単にかつリーズナブルに寒さ対策ができるので大変便利ですよ。

スポンサーリンク
こちらもオススメ