ファーベストロングジレってそっくりですよね。

実物を見てもいまいち分かりにくいし…一体何が違うのでしょうか?

今回は、ファーベストとロングジレの違いについてショップ販売員も知らないヒミツとともに紹介します。

スポンサーリンク

ファーベストとロングジレの違いとは?

ファーベストとロングジレの違いですが、ざっくりと言うと、実は「アウターなのか?ジャケット内側に着る防寒着か?」ということでしかありません。

ちょっと解説をすると、ファーベストとロングジレは元々、下記のようにベストとジレをアレンジした服になります。

ファーベストとロングジレの違い

  • ファーベスト → ファー生地で作ったベスト。コートのようにアウター専門として着るのが一般的。
  • ロングジレ → ジレの裾を長くして作ったもの。コートやジャケットの内側に着て追加の防寒着にする。

このような違いがあるので、ジレの上からベストを羽織るのは有りだけど、ベストの上からジレを着るのは無し。になります。

でも色々あるせいか、うっかりすると衣服のプロの販売員ですら「ベスト」と「ジレ」を間違えていることもあります。

もっと言うと、「ジレ」というのはフランスでの言い方ですし。

そこで、次の項目では販売員の勘違いに騙されることがないように、日本でのベストとジレの正しい違いについて紹介します。

ベストはこれ

先にもちらっと「コートのようにアウター専門として着るのが一般的」と紹介しましたが、日本では「ベスト」の事をアウターの一種として扱います。

分かりやすいのは下の画像です。

>>詳細はこちら

このように装飾性の高い袖なし上着で、特に前も後ろもしっかりと装飾されていてアウターとして着るのに問題がない物を「ベスト」と言います。

販売員がベストとジレを間違えるのは、まずアメリカの英語だとベストとジレは区別をされていないことが影響しています。

そして、薄くてシンプルなデザインのベストならコートの内側に着ることができるため間違えやすいのでしょう。

根本的な区別の仕方としては、ベストは「アウター専門として着ることができる袖なし上着」のことですので、ちゃんとしたベストが欲しい時にはちょっと気をつけて見てみましょう。

ジレはこれ

ジレというのは先にもちらっと「コートやジャケットの内側に着て追加の防寒着にする」と紹介しました。

ジレは、ジャケットやコートの内側に着て追加の防寒着とするための物であるため、インナーとしての要素が強いです。

インナーなので作り方もベストと比べると大変シンプルで、見える部分の前側にしか装飾がなされていないのが最大の特徴になります。

ただ実際のところ、カジュアルシーンかビジネスシーンかでかなり差があり、まとめるとこのようになります。

  • カジュアルシーン → コートの内側に着てももたついた感じのないロングの袖なし上着
  • ビジネスシーン  → いわゆるスリーピースジャケットについているベストのこと

さらにベストとジルの違いを知りたい方へ

今回の紹介ではファーベストとロングジレの違いだったので、かなりざっくりとした紹介になりましたが、よりベストとジレについて知りたい方は下記に紹介するリンクを参考にしてみて下さい。

ジレに関する歴史までまとめているため、大変勉強になります。

>>ベストとジレについて参考サイトはこちら

スポンサーリンク

まとめ

ファーベストとロングジレの違いについてまとめるとこのようになります。

  1. ファーベストはファー生地で作られたベスト
  2. ロングジレは裾を長くしたジレ
  3. ベストはアウター専門、ジレはインナー

ファーベストとロングジレの違いについて紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

服に関する所は色々カオスになってしまうので大変ですが、区別の仕方が分かると意外と簡単なので、これからもどんどん調べてみて下さい。

スポンサーリンク
こちらもオススメ