白いレザースニーカーはオシャレで色々なものに合わせられるので、1つあるととても便利でよね。

でも、黒ずんだり黄ばんでいるとオシャレ感が一気にガタ落ちしてしまいます。

運動部の学生ならこれでも良いのかもしれませんが、大人は…ちょっといただけませんよね…。

そこで今回は、レザースニーカーの黒ずみと、白に目立つ黄ばみを効率よく落とす方法についてまとめてみました!

スポンサーリンク

レザースニーカーの黒ずみを落とすのに必要な道具

まず、レザースニーカーの黒ずみを落とすのに必要な道具類と、「どうしてそれが必要なのか?」をあわせてご紹介します。

  • シューズキーパー (お手入れをし易くするため)
  • 馬毛ブラシ (ホコリ、砂、乾いた泥汚れを落とすのに必要)
  • レザー用クリーナー (黒ずみ落としのメイン道具)
  • 靴用クリーニングブラシ (こちらも黒ずみ汚れ落としのメイン道具)
  • 柔らかい布 (拭き上げの時に使う)

これらの道具は一通り靴屋さんで揃えることができます。

でも、レザー用クリーナーとクリーニングブラシ以外の物は、古歯ブラシや雑巾等で間に合わせようと思えば間に合わせることができます。

もし出来るだけコストを抑えてレザースニーカーの黒ずみ落としをしたい人は他のものでも代用できますので色々と工夫してみて下さい。

レザースニーカーの黒ずみ落としの方法

では、レザースニーカーの黒ずみ落としのための道具が揃ったところで、次にレザースニーカーの黒ずみ落としの方法を紹介します。

レザースニーカーの黒ずみを落とす方法ですが、まず「靴紐とインソールが取り外せるかどうか?」の確認から始まります。

どうしても取り外せない商品だったり、元々靴紐がない商品の場合はそのまま黒ずみ落としの手順に入ります。

一方、もし靴紐とインソールが取り外せる商品だったら取り外し、レザースニーカー本体とは別に水洗いをしましょう。

そして、レザースニーカー本体の黒ずみ落とし方法になりますが、ざっくり言うと下記のような手順になります。

  1. シューズキーパーを装着し、馬毛ブラシでホコリ、砂、乾いた土を払い落とす。
  2. クリーニングブラシにレザークリーナーを取り、くるくると泡立てるように回しながら黒ずみをこする。
  3. クロスで泡を取り除く。

完全に黒ずみが落ちるまでこの作業を繰り返していきます。

ワンポイントとして、レザークリーナーは「艶出し剤等が配合されていないレザークリーナー」だと、より強力に汚れを落とせます。

できるだけ手早く黒ずみを落としたい人は、「艶出し剤等が入っていないレザークリーナー」を選んでみましょう。

スポンサーリンク

白いレザースニーカーで目立つ黄ばみはどうしたら良いのか?

ところで、白いレザースニーカーだとどうしても汚れが目立ち易いので、黒ずみの他に黄ばみが出たりしますよね。

黒ずみを落としている時に、この黄ばみが目についたらどうしたら良いのでしょうか?

基本的には、こちらもレザークリーナーで落としてみるのが1番最初に試して欲しい方法となります。

でも、もし手元にレザークリーナーがなかったり、あいにく切らしている場合は、中性洗剤をスポンジで泡だて、その泡をレザースニーカーに塗りつけてこする事で落とすことができます。

ちなみに、中性洗剤と言うと特別な物を購入しなければならないように感じますが、実は家庭にある「おしゃれ着用洗剤」が中性洗剤になります。

なので、「中性洗剤でー」と言われても焦らないで下さい。

こちらの手順もとても簡単で、先に説明した部分も含めるとこのようになります。

  1. 中性洗剤をスポンジに取り、泡立てる。
  2. スポンジに出た泡でスニーカーを優しくこ擦り洗いする。
  3. 全体的に擦り終わったら、柔らかい布で拭き取り日陰干しにする。

たったこれだけですが、ほとんど新品同様になるので、これで満足出来る人はレザークリーナーをいらない。と思うかもしれません。

ちなみに、もしこれでも汚れが落ちない場合ですが、それは経年劣化によるものなのである意味諦めるより他がない部分になります。

ただ、いわゆる「靴墨」のように、白いレザーのためにも色の補正をするためのレザー用キズ隠し剤が販売されているので、どうしても経年劣化を諦めきれない場合は試してみましょう。

まとめ

レザースニーカーの黒ずみと黄ばみの効率の良い落とし方について紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

レザースニーカーの汚れや黄ばみは気がついたらすぐ落とせばすぐ落ちる汚れですし、水洗いをする必要がないのでこまめに落としましょうね。

スポンサーリンク
こちらもオススメ