「簡単と紹介されたから作り始めたのに、全然簡単じゃなかった」

メンズ向けのニット帽を作りたいと思ってネットで作り方を調べた時、誰もがぶち当たるのはこの壁です。

そう、実はニット帽と言うのは頭頂部のドーム型を作るのに必要な「減らし目」と言う技法が必要で、それを間違うと形が崩れて大変な事になってしまうのです。

ですから、平面編みだけで良いマフラーと比較すると、結構難しい編み物になるんですね。

そこで今回は、100%簡単なニット帽の作り方を知りたいあなたのため、動画を見れば誰でも出来るニット帽の編み方を紹介します。

人間用からリカちゃん人形サイズまで色々な編み物をこなし、編み図を見れば大体の難易度がすっかり分かるようになってしまった私が厳選した作り方動画なので乞うご期待!

スポンサーリンク

初心者向けニット帽の編み方

編み物初心者の方におすすめなのがこちらの動画になります。

「ゴム編みとメリアス編みのみ」というシンプルさなのに、そこそこちゃんとした見た目になるメンズ用ニット帽です。

ニット帽初心者の方でも安心して編めますし、各種編み方の方法も動画でちゃんと解説されています。

ゆっくり、じっくり、焦らずに編めば、絶対編み物初心者でも作ることができますよ。

ちなみに、使っている道具は、輪編み棒とマーカーと呼ばれる道具なのです。

マーカーの方は安全ピンで代用する事も出来るので、特に使わない安全ピンがたくさんある人はそれを使ってみましょう。

超簡単なカギ編みのニット帽の編み方

最近はカギ編みでも棒編み風に作るのが注目されていますが、そのカギ編みで作るニット帽の中でも特に簡単で仕上がりがそこそこなのが、こちらのカギ編みで作るニット帽になります。

簡単な理由はその作り方です。

棒編みだと1番作るのが難しい頭頂部から作る方法なので、途中までひたすら同じ作業を繰り返して行けば良いだけです。

集中力の高い人だと編み過ぎて解くと言う事になる可能性が有りますので、マーカーか安全ピンを使用して「今何段目か?と言うのをしっかりチェックしておきましょう。

ちなみに、この編み方はカギ編みでしか出来ないモチーフ編みの要領で作る物なので、レース編みでもカギ編みでモチーフ編みをした事が有る人は今すぐ出来ます。

スポンサーリンク

減らし目のあるカギ編みニット帽の作り方

先に紹介した頭頂部から作って行く方法がカギ編みで作るニット帽でも良いのですが、ニット帽は下の方から作って行くのが主流で、頭頂部の形を作るために「減らし目」と言う技法を使用します。

この減らし目を使ったカギ編みで作るニット帽がこちらの編み方になります。

奥の方にある編み図によると、1段置きに減らし目をして行く方法になるのですが、カギ編みによる減らし目に挑戦をして見たい人はぜひやってみて下さい。

「ちゃんと作ったのに同じものが作れない!」を回避する方法

最後になりますが、ニット帽で最もよくあることと言えば、この項目名の通り「ちゃんと作ったのに同じものが作れない!」ということですね。

いきなり専門的になりますが、自由にニットを編むために必要な知識で有る「ゲージ」について紹介します。

編み物は編み針が太ければ太い程メッシュのような生地になり、編み棒が細ければ細い程密になると言う特徴があります。

実際に編んでみて、10cm×10cmの正方形中に何目あるか?何段あるか?ということを示すため10cmを測ります。

これを「ゲージ」と言うのですが、いちいち測るのは大変なので、毛糸にはあらかじめメーカー側が測定したゲージが書いて有ります。

しかし、ゲージは色々な要素から統一規格が絶対作れないものなので、このゲージの扱い方をしっかり覚えずにいきなりニット帽を作ると、実際に作ったら思ったよりも小さかった大きかった。と言う事が多々発生し、「ちゃんと作ったのに!」を発生させる原因となります。

これを回避するには、最低でも下記の作業をして下さい。

  1. 最終的に何段(縦幅)何目(横幅)作るのか?を調べ、ラベルに書いて有るゲージを参考に実際に作ったら何cmになるかの見当をつける。
  2. ラベルのゲージをざっくり10分割にし、1cm中に何段?何目有るか調べる。1.5の時は2と考える。
  3. 10cmゲージと1cmゲージに基づき、実際に作りたい大きさ等を調整して、編み方の通りに編む。

減らし目等は端っこでやると言う前提が有るから出来る技なのですが、これで大体思った通りに編む事が出来ます。

ちなみに、このゲージが使いこなせていると人間用なら大体の編み物は自由に出来るようになるので、これから本格的に編み物をしてみたい人はぜひ使いこなせるようにしてみて下さい。

まとめ

ニット帽メンズの編み方で簡単保証の編み方と、思った通りにならない!を回避する方法を紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

ニット帽を作るのは結構大変ですが、ゆっくりやればちゃんと出来るので、早めに制作に取り掛かりましょう。

スポンサーリンク
こちらもオススメ