暖かくて冬には欠かすことのできないダウンジャケットですが、唯一の問題点が、

汚れてもカンタンに洗うことができないという点です。

水を弾き、比較的汚れにくい素材が使用されているダウンジャケットでも、毎日のように着ていると当然汚れてしまいます。

汚れが目立たない事を重視して、黒系統の限定にする方法もありますが、

「それでは面白くない!」

「もっとかわいいダウンジャケットを着たい!」

と思いますよね。

そこで、今回はダウンジャケットを自宅で、自分で洗う方法をご紹介します。

私もこの方法でダウンジャケットを自宅で洗っていますよ!

スポンサーリンク

ダウンジャケットの洗濯方法1~自宅で洗えるか?の確認

「自分で洗う!」と決めて実行に移す前に、まずは、そのダウンジャケットが家庭で洗っても平気かどうか?の確認をしましょう。

大体の服には、裏側にその服の洗い方に関する情報が書かれた洗濯表示ダグが縫いつけてあります。

この洗濯表示タグに、桶のような形に「手洗イ」と言う文字か、桶に手を入れている様子が書かれていれば、手洗いが可能です。

そして、全自動洗濯機を思わせる長方形が書かれたマークが書いてあれば、洗濯機で選択が可能となります。

ちなみに、「ドライ」や「P」と書かれているのは、クリーニング専門です。

多少面倒でもクリーニング屋さんに持ち込んで洗ってもらいましょう。

ダウンジャケットの洗濯方法2~洗濯機での洗い方

洗濯機で洗えるダウンジャケットであることがわかったら、本格的に洗濯機で洗いましょう。

もし手洗いマークしかついていなくても、ドライコース付きの洗濯機と、ドライコース専用の洗剤があれば大丈夫です!

必要な物

  • ダウンジャケット
  • ドライコース、或いは手洗いコース専用の洗剤(アクロンやエマールなど)
  • ダウンジャケットが入る大きさの洗濯ネット

洗濯手順

  1. まず、ダウンジャケットの特に汚れがひどい所に、洗剤をしみ込ませておきます。(こうする事で、よりきれいな仕上がりになります)
  2. 洗濯による痛みを軽減するため、ダウンジャケットのボタンやファスナーを閉めてから、洗濯ネットに入れます。
  3. ネットに入れたダウンジャケットを洗濯機に入れます。
  4. できれば水ではなく、ドライコースに適しているぬるま湯を使います。(おふろの残り湯があれば、是非ここで使いましょう)
  5. 手洗いコース、またはドライコースに設定して洗います。
  6. 洗濯が終わったら、すぐに洗濯機から取り出します。
  7. ネットから取り出したら、早いうちに軽く叩くようにして形を整えましょう。

特に汚れがひどい所には、事前に手洗い

白や淡い色のダウンジャケットの場合、汚れが特に目立つ箇所がいくつも出て来ると思います。

この場合は、洗濯機で洗う前に、事前に手洗いをしておきましょう。

まずは、ボタンやファスナーを閉め、洗っている間に形が崩れないようにします。

その後、ドライコース専用の洗剤を汚れがひどい所に直接塗り、ひたすら叩いて叩いて叩き倒します。

この作業を経てから、先に書いた洗濯機洗いをすると、普通に洗濯機で洗うよりも何倍もきれいに仕上がります。

スポンサーリンク

ダウンジャケットの洗濯方法3~干し方

もし近所にコインランドリーがあれば、コインランドリーのドラム式乾燥器で乾燥をさせると、羽毛が偏らずきれいに仕上がります。

自宅の洗濯機が乾燥機能付きの洗濯機だった場合、こちらも利用する事が出来ます。

自宅の乾燥機を使う場合は、乾燥時間を30分程度にして、8割程度まで乾かすようにしましょう。

その後、丈夫なハンガーを使って陰干しにします。

乾燥機がない場合は、そのまま風通しの良い日陰で陰干しにしましょう。

この時も、使うハンガーは丈夫でしっかりした物を使います。

洗えば解りますが、ダウンジャケットと言うのは水を吸うととても重くなります。

針金ハンガー等では吊るして干している内に曲がってしまうことになるので、かならず丈夫でしっかりとしたハンガーを使用します。

完全に乾ききるまで、大体2〜3日かかります。

少しでも乾き残しが有ると、保管をしている間にカビと臭いが発生してしまうので、雨が降らない日が続くタイミングを選んで完全に乾かしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

洗いたてのダウンジャケットというのは、着ていて本当に気持ちいい物です。

もしこれから新たにダウンジャケットを購入する予定があれば、是非洗濯表示ダグを見てみて下さい。

そして、自宅で洗えるかどうか?と言うのを基準に、色々ダウンジャケットをチェックしてくださいね。

必ず、自分で洗えるダウンジャケットも見つかるはずですよ。

スポンサーリンク
こちらもオススメ