寒い時期に有るとすごく嬉しくなるのはいくつか有りますが、アルミ鍋に入った冷凍の鍋焼きうどんもその1つでしょう。

ところでこの冷凍のアルミ鍋の鍋焼うどん、作り方に関する情報や後始末に関する情報まで色々有るには有るのですが、イマイチまとまっていないのが今現在の現状なのです。

「こんなんじゃ忙しい人は嫌になってくる!」と言う訳で、今回はアルミ鍋の鍋焼うどんの作り方から分別方法まで知りたいあなたのため、結構丈夫そうに見えるあのアルミ鍋の再利用方法も加えて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アルミ鍋の鍋焼うどんの作り方

アルミ鍋の鍋焼うどんですが、ラップを剥がしたらコンロの上に乗せて温めるだけです。

と、言っても実はポイントが少し有り、このポイントを知らないでそのまま強火で焼くと中がきちんと解凍し切っていないのに焦がしてしまったり、逆に出来上がるまでに凄い時間がかかって麺が伸びてしまったりと言う事になり兼ねませんので、小さい事かもしれませんが、しっかりポイントを押さえておきましょう。

アルミ鍋の焼うどんを温める手順はこのようになります。

  1. ガスコンロかIHコンロの中央に、アルミ鍋の鍋焼うどんを置く。
  2. 最初の3分位だけ弱火で煮込み、後は全体的に煮立つまで火を強めて煮込む。

この「最初の3分だけ弱火で煮込む」と言うのがポイントになり、ここを外していきなり強火で暖め始めると失敗の元になるので注意をしましょう。

アルミ鍋の鍋焼うどんは分別どうしたら良いの?

アルミ鍋での鍋焼きうどんの後、大体の人が困るのがあの「アルミ鍋」のゴミ分別方法ですね。

このアルミ鍋の処理方法ですが、「アルミ鍋」か「アルミ箔」のいずれかで自治体が発行しているゴミ処理に関する詳細が書かれたパンフレットに「ゴミ処理方法一覧」として処分方法が書いて有る可能性が有るので、まずはそこを調べてみて下さい。

このゴミ処理に関するパンフレットは処分してしまった場合でも、市町村のゴミ処理方法をまとめた 「さんあ〜る」と言うアプリでゴミ処理方法一覧から検索する事が可能なので、ダウンロードして確認をしてみて下さい。

検索方法は「さんあ〜る お住いの市町村」です。

>>さんあ〜る詳細ページはこちら

スポンサーリンク

アルミ鍋の鍋焼うどんのアルミ鍋は再利用出来るの?

アルミ鍋の鍋焼うどんのアルミ鍋ですが、なんとなーくまだ使えそうな気がしてもったいないですよね?

再利用方法は有るのか?と言う事を調べてみた結果、大体6割位の人が破けない限り何かしらの再利用をしており、一覧にするとこのようになります。

  1. 同じアルミ鍋でもう1度鍋焼きうどんを作る。
  2. 使い捨てのパン焼き型やパイ焼き型にする。
  3. アウトドア用の鍋容器として保管しておく。
  4. 鉢植えの水受け皿。
  5. 穴が開いても植木鉢の代用品。

これ以外にも、地域猫用のボランティア活動をしている人は地域猫用のエサ入れとして使ったり、工作用の材料として取っておいたりと、まるで大喜利か?と思うような勢いで色々な使い道が出てきました。

もちろん、1度使ったら処分している。と言う人はいましたし、メーカーもアルミ鍋は使い捨て。と言う前提で販売しているので、もしアルミ鍋の鍋焼うどんのアルミ鍋を再利用した結果自分に不都合が起きても自己責任なのですが、かなり多目的に再利用する事が可能そうです。

まとめ

アルミ鍋の鍋焼うどんの作り方、分別方法、再利用方法をまとめるとこのようになります。

  1. アルミ鍋の鍋焼うどんは弱火から始めて強火にするのがポイント。
  2. アルミ鍋の鍋焼うどんの分別は「アルミ鍋」か「アルミ箔」で分別を探す。
  3. アルミ鍋の鍋焼うどんの再利用方法は意外と無限に有る。でも自己責任が前提。

アルミ鍋の鍋焼うどんの作り方から再利用方法まで紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

ちなみに、私もこのアルミ鍋の鍋焼うどんのアルミ鍋でパンを焼いた事が有りますが、良い感じの丸いちぎりパンが出来ました。

スポンサーリンク
こちらもオススメ