寒い冬は、身体がキンキンに冷えて寝付くまでに時間がかかりますよね。

冷え性の女性はせっかくお風呂で体が温まっても、髪の毛を乾かしている間に足先が冷えてしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで便利なのがレンジでチンすれば暖かくなる湯たんぽ「ゆたぼん」です。

手軽なこともあり、とても人気がある便利な商品です。

いろいろな種類があるので、それぞれのおすすめの使い方も紹介しますね。

スポンサーリンク

みんなで使えて大人気!レンジ湯たんぽ 「ゆたぽん」

わたしも実際にゆたぽんを使っているのですが、一番便利だと感じたのは、寝る時間が家族バラバラでも便利に使えることです。

お湯を入れるタイプだと、一度にたくさんのお湯を沸かさなければいけないし、それでも人数分足りなかったりすると、沸かしなおししたりすることもありました。

レンジで温めるゆたぽんなら、家族一人一人が寝る前にそれぞれのタイミングで温めなおして使うことができるので、とっても楽だなぁと感心しました。

しかも朝まで十分温かさが続くので安心です。温める時間はたった約3分で、7時間も継続して使えるので嬉しいですよね。

ペットにも使えるゆたぽん

また、ペットの暖房グッズとしても人気です。以前犬を飼っていた時、古くなったものをペット用にと思いもう一つ購入しました。

老犬だったので、ゆたぽんの上でとても気持ちよさそうに温まっていましたよ。

猫を飼っている友達におすすめしたら、噛んだり引っかいたりして、中身が出てしまうのではないかと心配していましたが、大丈夫だったようです。

ペットの性格にもよりますが、噛み癖がある場合はペット用の毛布の下に置いておくなどして、破れないようにしておけば、ペット達も暖かく寝られることができますね。

レンジ湯たんぽ「ゆたぽん」はヒルナンデスでも紹介されました!

「ゆたぽん」は、以前ヒルナンデスでも紹介されました。

ドラックストアや、ホームセンターなどで手軽に手に入るので、湯たんぽを使用したことのないという人にも初めても湯たんぽとしておすすめです。

実は私の夫は冷え性で、寝る前に必ず湯たんぽを入れてほしいと言ってきていました。毎日の事だったので、面倒で仕方なかったです。

丁度ヒルナンデスの放送を見ていた私は、「今年はこれに変えてみない?」とすすめてみました。

早速ゆたぽんを買ってきて使ってみたら朝までぐっすり眠ることができたので、その日から夫の湯たんぽは「ゆたぽん」に変わりました。

夫は寝る前に、自分でレンジでチンしてベッドに持って行くので、私は何もしなくてよくなりとっても楽になりました。

目用のゆたぽんもあり

アイマスクのような形の、目の用のゆたぽんもあります。温めたゆたぽんを閉じた目の上に置くだけです。

じんわりと疲れた目を暖めてくれる商品で、200回繰り返し使えるので、ストレス解消におすすめのアイテムです。

スポンサーリンク

私のおすすめ!首・肩用のレンジで温める湯たんぽ

私の一番のおすすめは、ゆたぽんの首・肩用です。寝る時に使うのではなく、肩がこった時や、ストレス解消で使う時があります。

特に、お風呂に持って行って、湯船につかりながら、肩にかけておくと本当に幸せな気分になれます。

はじめは、濡れタオルを1分間レンジで温めて、同じようにお風呂で使っていたのですが、直ぐに冷めてしまうし、レンジで温めた後が熱すぎて持ちにくかったので、長くゆっくり楽しむことができませんでした。

ゆたぽんなら、直ぐに冷める心配もありません。多少濡れないように気をつけていますが、カバーは洗濯も出来るので、安心です。気持ち良すぎて寝てしまいそうになることも多いですよ。

私にとっては、一日の疲れをお風呂でリセットさせてくれるグッズです。皆さんもぜひ試してみてください!

まとめ

今回ご紹介したレンジ湯たんぽは、お湯を入れるタイプの湯たんぽと比べると、多少持ちが短くはなります。

でもお湯を沸かしたり入れたりする手間がなくて何度も繰り返し使えるので、レンジで温めるだけの湯たんぽはてとも便利です。

湯たんぽは、日本に昔からあるアイデア商品です。さらに進化したゆたぽんも、長く愛用できるようなっています。

寝る時の足元だけではなく、目や首・肩用も使ってみて下さいね。部分用のゆたぽんは、寒すぎて、体も心もカチコチに力が入りやすい冬のリラックスアイテムとして、おすすめですよ。

スポンサーリンク
こちらもオススメ