海外旅行に行く時は色々事前準備が大変ですが、スマホに関する所も注意点が有ります。

今回は、海外旅行先にスマホを持って行く際の注意点を知りたいあなたのために、これだけ覚えておけば必要にして十分な海外旅行時のスマホの注意点を紹介します。

スポンサーリンク

海外旅行のスマホ注意点1~不要不急の電話は使わない

海外旅行中でも色々な場面で電話を使用しますが、海外の電話料金は日本とは違い、発信した方も受信した方も利用者としてみなし、両方から通話料を取るシステムになっています。

特に、海外で電話を使用すると状況次第では1度日本の通信社を経由してから通話をする事になるので、普通よりも電話代がかかってしまう事が有ります。

これを予防する方法は、不要不急の電話を控え、出来るだけ連絡はメールでやり取りをするのが1番確実ですが、このメールも無料Wi-Fiの有るスペースで行うと、さらに格安になります。

海外旅行のスマホ注意点2~ローミングサービスをオフに

どの携帯会社でも海外旅行時の高額請求を防ぐ方法として紹介していますが、海外旅行時の高額請求の原因はこのローミングサービスをオンにしておく事なので、飛行機に搭乗をしたら必ずローミングサービスをオフにしましょう。

このローミングサービスと言うのは、「安定してネットを利用出来るように自動的にネット無線を探す」と言う機能になっています。

日本国内で利用している分にはとても便利なのですが、日本の携帯会社の電波が無くなる海外でローミングサービスを利用すると、現地のパケット通信を利用するようになるので、通信は遅いわ高額になるわでいい事が全くないのです。

なので、飛行機に搭乗したら必ずローミングサービスをオフにしましょう。

スポンサーリンク

海外旅行のスマホ注意点3~滞在先のコンセントの形状

スマホの充電器は畿内持ち込みも預かりも可能な荷物なので、海外旅行に行く時でも国内旅行に行く時と同じ感覚で自宅に有るスマホの充電器を持ち出す事が出来るのですが、ここで1つ注意したいのが、海外ではコンセントの形が日本とは違う可能性が有ると言う事になります。

下のリンクを見てもらうと細かい事が書いて有るのですが、日本で使用されているAタイプを含め、世界には8種類のコンセントとそのコンセントに対応したプラグが存在します。

http://www.cucoo-rental.com/plug.html

ちなみに、日本と同じAタイプは20カ国以上有りますが、Cタイプも20カ国以上有り、主にヨーロッパと中東で使われています。

そして、なーんと3種混合と言うカオスっぷりを発揮している地域も有り、はあ、この国のコンセントはどんなものか?と見たくなる程です。

とにかく、このようにたかがコンセントなのに世界で統一された規格がないため、旅行先で確実にスマホの充電を行うためには変換用アダプターが必要になりますので、こちらの用意も忘れずにしましょう。

海外旅行のスマホ注意点4~盗難された時の連絡先

いかなる先進国であろうと、どういう訳だか海外は日本よりも治安が良いとは言いがたく、スリひったくりはかなり日常茶飯事です。

特にスリ犯にとってスマホと言うのは高額商品となる個人情報の塊なので、世界中いたる所で狙われ、持っている人間が日本人と分かれば無防備なソフトターゲットと思われるため、スマホの盗難被害が多発しているのです。

テーブルに置きっぱなしにして目を離したすきにひったくっれた、歩き電話をしていたらスられた、と言うのが後を絶ちません。

海外では貴重品と共にスマホは常に身につけて歩くのはもちろんですが、もし万が一の盗難に備えて盗難時の連絡先をしっかり把握しておきましょう。

そして、一時的にでもいいのでスマホの保険に加入し、もし万が一盗難に会っても被害を最小限ですませるようにしましょう。

まとめ

海外旅行先にスマホを持って行く時の注意をまとめるとこのようになります。

  1. 海外では不要不急の通話をしない。
  2. 飛行機に乗ったらローミングサービスをオフにする。
  3. 現地のコンセントの形状を確認し、アダプターを購入する。
  4. スマホは必ず身につけておく。

海外旅行先でのスマホの注意点について紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

海外旅行の時は日本とは文化が全然違う国に行くので色々戸惑う時は有りますが、準備を万端にしていきましょう。

スポンサーリンク
こちらもオススメ