バレンタインチョコラッピングオリジナル

3人の息子たちのためにも、毎年バレンタイン時期には手作りを楽しむことにしているのですが、息子たちの友達にも配れるようにたくさん作っています。ラッピングも簡単でかわいくなる方法で渡していますよ。

今までバレンタインで作った中でも、一番評判が良かったチョコチップクッキーです。やっぱり喜ばれる物の方が作る側もうれしいですよね。

作り方も簡単で、手も汚れず、一度にたくさん作れるレシピをご紹介するので、ぜひみなさんも作ってみてください。

スポンサーリンク

バレンタイン 手作りチョコクッキー簡単レシピ

材料(約20個分)

  • ホットケーキミックス…200g
  • バター(無塩)…90g
  • 牛乳…90g
  • チョコチップ…130g

作り方

  1. バターを室温に戻し柔らかくなるまで練る
  2. 1にホットケーキミックスを入れポロポロになるまで混ぜる。
  3. 生地に牛乳を入れて混ぜる。
  4. 最後にチョコチップを混ぜて全体に均等にいきわたるようにする。
  5. 天板にクッキングシートを敷く。
  6. スプーン2本で、生地を1個分に整え、クッキングシートの上に置いていく。
    手作りバレンタインチョコ作り方
  7. オーブンを170℃に設定し、約15分焼く。
  8. 焦げ目がついたら、出来上がりです!

生地を丸めたり、型取りしたりする手間がないので、手も汚れませんよ。大人気で何度も作っているうちに、高校生の息子も自分で作るようになっていました。

材料もホットケーキミックスと、バターと牛乳とチョコチップだけなのですぐそろいますね。必ず無塩バターにしてください。普通のバターだと少ししょっぱさが出てしまいます。

いつでも簡単!バレンタインチョコのラッピング

簡単なラッピング方法もご紹介しますね。1人で食べきれるサイズで、もうちょっと食べたいなと思わせるようなサイズです。

ラッピングに必要なもの

  • かわいい柄の紙コップ(歯医者さんのうがいのコップぐらいのサイズ)
  • 透明柄フィルム袋
  • ラッピングモールまたはリボン

ラッピングの仕方

  1. 紙コップの中に手作りチョコや、お菓子をいれる。
  2. 透明柄フィルムの袋の中に、お菓子を詰めた紙コップや別のお菓子などをいれる。
  3. かわいいラッピングモールや、リボンで口を縛ったらできあがり。
バレンタインチョコラッピングオリジナル

チョコチップクッキーだけではなくて、他に買ってきたお菓子なども一緒に詰める時がありますが、ひとまとめてしまいます。

このラッピング方法だと、中身も見えて簡単にかわいくなるのでおすすめです。メッセージカードを添えておくのもいいですね。カードが入っていることが見えれば必ず開けてもらえますよ。

紙コップの柄を変えるだけで雰囲気もずいぶん変わるので、クリスマスやホワイトデー、ハロウィンでも渡せるラッピング方法です。

スポンサーリンク

バレンタインチョコは 手作りでも嬉しい?

我が家には3人の息子がいますが、バレンタインのチョコをもらう時のラッピングもあまり張り切り過ぎてないものがもらいやすいみたいですね。

もちろん手作りの方が嬉しそうにしています。美味しそうにバクバク食べています。

買ってきたものでももちろんおいしいですし、喜んで食べていますが、手作りの方が嬉しいと言っています。本命チョコじゃなくて、友チョコでも義理チョコでも、手作りが嬉しいそうです。

手作りが嫌だという人は、値段で気持ちが表現できるとは、プロが作ったものじゃなきゃ不衛生だという意見を持っています。

また、バレンタインチョコに嫌な思い出がある子もいますね。手作りチョコがきらいというよりも、バレンタインデー自体をよく思ってない人もいます。

2月14日にチョコを渡したい人がいたら、バレンタインデーの思い出を聞いてみると手作りチョコに対しての印象もわかるかもしれませんね。

まとめ

チョコブラウニーや、チョコムースなどいろいろ作ってみたのですが、チョコチップクッキーはどの子にあげても、「もう一度食べたい!」と言ってもらえるんですよ。

男の子でも簡単に作れます。息子たちも、作って友チョコとして配っていました。チョコチップクッキーをホワイトデーに作って、お返しにしたこともあります。

小さなお子さんでも作れる簡単なレシピなので、ぜひ作ってみてください。ラッピングも楽しく簡単に仕上げてみてくださいね。

スポンサーリンク
こちらもオススメ