レザースニーカーのお手入れ方法はちょっとネットを調べるとすぐに出てきますが、このお手入れの頻度に関する所に関しては、なかなか正確な情報というのがなくて困ってします。

そこで、レザースニーカーのお手入れの頻度について困っているあなたのため、レザーのプロやスニーカーのプロが言うお手入れの頻度を調べ、下記の内容にしてまとめました。

  • レザースニーカーの手入れの頻度はこれがベスト
  • ほぼ毎日レザースニーカーを履く場合の手入れの頻度は?
  • 雨の日のお手入れはどうしたら良いのか?
スポンサーリンク

レザースニーカーの手入れの頻度はこれがベスト

レザースニーカーのお手入れは、履く度にした方が良い、月一で良いと色々言われていますが、レザーのプロが最も良いとすすめるのは「月1回本格的な手入れをする」「本格的に汚れたと思ったらその都度やる」と言う事になります。

理由は、レザースニーカーをお手入れする際に欠かせないレザーリムーバーに有り、このレザーリムーバーは洗浄力が大変強いので、大なれ小なれレザーを痛めてしまうからになりますが、かといって、レザーリムーバーを使わない事には汚れた古いレザークリームを落とす事が出来ないので、レザーリムーバーを使用しないと言う方法は有り得ません。

なので、少しでもレザーリムーバーを使う頻度を少なくしつつレザーの品質を保つお手入れのタイミングとしてプロがすすめるのが、この「レザースニーカーのお手入れは月1回」と言うタイミングになるのです。

そして、汚れと言うのは気がついたらすぐ落とすのが最も効率よく落とす方法になるのですが、レザースニーカーの場合も同じで、気がついたらすぐお手入れをするといつまでもベストな状態でレザースニーカーを履く事が出来ます。

ほぼ毎日レザースニーカーを履く場合の手入れの頻度は?

ほぼ毎日レザースニーカーを履く人は、「帰宅したら革靴用ブラシで砂や土を擦り落とす」と言う手入れ方法が最も日常的な手入れ方法になります。

これは、元々汚れと言うのは見つけ次第今すぐ落とした方が良い。と言う理由も有りますが、レザーと言う素材は硬さの違いは有れども傷付き易い素材になるため、細かい砂が残ったままになっているとそれで傷ついてしまう可能性が有ります。

なので、このレザーを傷付ける原因となる細かい砂をあらかじめ落としておく事で、レザースニーカーを傷付けずに長く使用する事が出来るのです。

ところで、この最も日常的に使用するお手入れ用品で有る革靴用ブラシですが、革靴用ブラシを洗う物と洗わない物で分類して解説したサイトが有ったので、気になる人はぜひ読んでみて下さい。

>>参考サイトはこちら

スポンサーリンク

雨の日のお手入れはどうしたら良いのか?

雨の日にレザースニーカーを履いた後は、帰宅後速やかに古タオルやキッチンペーパーで靴の表面の水を取り、シューズキーパーで形が崩れないようにして、日陰で乾かしておくと良いです。

これ以外にも、古典的な方法ですが下の一覧に該当する物を詰め込み、シューズキーパー兼吸水剤とする事が出来ます。

  • 新聞紙
  • キッチンペーパー
  • テッシュ
  • よく乾いた古タオル(ゴワゴワしている方が吸水力が高いです)

濡れた状況によりますが、大体帰宅後速やかに一覧に上げた素材を入れたら、寝る前に1度交換すると大体1番で乾かす事が出来ます。

乾燥が終わったら、次はレザーリムーバーで汚れと古くなったレザークリームを落とし、新たにレザークリームを塗ったら完成です。

特に、梅雨時期などで明らかに雨が多い場合は、靴屋さんで販売している革靴用の防水スプレーを使用すると安心です。

まとめ

レザースニーカーのお手入れの頻度についてまとめると、このようになります。

  1. レザースニーカーのお手入れは月1回が基本
  2. 毎日履く人は革靴用ブラシで汚れを払い落とすのが1番身近な手入れ方法
  3. 雨の日は帰宅後すぐ乾燥させた後、いつものお手入れをする。

レザースニーカーのお手入れの頻度や雨の日の対応方法について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

今回私がまとめた紹介が、あなたの「調べるのが大変」と言う負担を軽くするお手伝いになれば幸いです。

スポンサーリンク
こちらもオススメ