小さい子がいる家庭だともはや当たり前なのですが、夏頃になると公園では水遊び場を解放する所が多くなり、毎年小さい子達がキャーキャー言いながら遊んでいます。

小学生の娘が2人いる我が家でも、公園の水遊び場に繰り出しているのですが、毎年この時期になると押入れの中から遊び用の水着と学校用の着替えセットを引っ張り出し、車の中に娘達の着替えルームを兼ねた日よけ用のテントを常備しています。

無論、私のような人間は珍しくない訳でございまして、5月過ぎの公園には親のくつろぎ場になる日よけテントと水遊び場で力いっぱい楽しむ子供達の光景が多発します。

しかし、この日よけテントと言うのは実際に買わないと分からないと言うのが悩みでして、私も実は1番最初に購入したテントはうまくたたむ事が出来ず買い換えた事が有ります。

そして、たかが公園の水遊び場で使用するだけなのに、色々あった方が良いと判断して追加購入したものもあります。

そこで、今回はたかが公園の水遊びなのに、困った事にならないようにする、実体験に基づいた日よけテントを購入する前の、おすすめ日よけテントを紹介します。

スポンサーリンク

ポップアップテントは玄人向け?

「ワンタッチで設置可能」と言う触れ込みで数年前に流行したポップアップテントですが、実際に使用した結果はこの項目のタイトルの書いた通りなのです。

設置は本当に簡単で、袋から出してポーンと広がるから子供達も著しくテンション上がります。

しかし、大問題なのはたたむ時でして、絶対下の画像のようにスムーズに出来る人と出来ない人がいます!

ポップアップテントのたたみ方

ちなみに、私はワンタッチテントをスムーズにたためなかった方なのですが、このワンタッチテントと言うのは内部の太いワイヤーで支える構造でして、このワイヤーが形状記憶みたいになっているんです。

最も難関なのは、ねじ回してたたむ行程でして、多分、このねじ込む時ワイヤーの形状記憶している方向と一致するようにすればスムーズにたためるのでしょう。

しかし、スムーズにたためないイラっと来てこの内部のワイヤーをあらぬ方向に曲げてしまうんだと思います。

その結果、ワンタッチテントのワイヤーを崩し、次回広げた時にちゃんとしたドーム型じゃなくて、どことなく歪んだ形になってしまうのです。

さらに、この状態で使い続けるとどんどんワイヤーがこじれて来て、最後には数回しか使用していないのに処分する。と言う私のような状態になってしまうのです。

でも、出来ている人は本当にきちんと、本当にスムーズに折りたためているのか、明らかに使い込んでいるのにきちんとしたドーム型になっている人が何人もいるので、多分ワンタッチテントには向き不向きがあるのでしょう。

おすすめはワンタッチテント

では、ポップアップテントがダメだった人は、どんな日よけテントを使用すればいいのでしょうか?

それは、この画像で組み立て方を紹介している、ワンタッチテントです。

ワンタッチテントの組み立て方

正直、このワンタッチテントだって、女1人でやる時はこんなにスムーズにいきません。

なので、私はいつもワンタッチテントを設置する時は、このように2段階でやっています。

  1. 設置の時引っ張る紐を手に巻きつけてから、しっかり引っ張って接続部に軽くはめる。
  2. 軽くはめたら、微調整をしてからもう1度引っ張ってはめ直す。

そして、このワンタッチテントの最大の特徴は、たたむ時傘のようにたためるのでコツが一切いらないと言う事にあります。

なので、私のようにポップアップテントをうまく扱いきれなかった人は、ワンタッチテントを買ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク

公園なのに必要なアウトドアグッズ

しかし、公園でもテントを設置している以上、風が吹くと飛ばされそうになってしまいますので、テントを押さえておくペグペグを打ち付けるための金槌は必要になります。

このペグと金槌は、アウトドアグッズで沢山良いのが販売されていますが、正直ペグと言うのは消耗品なので、100均のガーデニングコーナーに売っているペグと金槌で十分です。

この2つをテントの袋の中に入れておけば、いつでもどこでもしっかりとテントを張る事が出来ますので、安心してテントの中で涼しくしている事が出来ます。

まとめ

公園で日よけで使うテントについてまとめると、このようになります。

  • ポップアップテントは設置が本当に簡単。でも使いこなせる人とそうじゃない人がいる。
  • ポップアップテントがダメだった人はコツはいるがワンタッチテントが向く。
  • テントを押えるために、ペグと金槌が必要。公園で使うだけなら100均ので十分。

日よけテントを購入する前の、おすすめ日よけテントについて紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

ちなみに、今は多くのテントに蚊帳がついておりますので、子供の着替え場も兼ねる場合は完全に閉める事が出来るフルクローズタイプがおすすめです。

スポンサーリンク
こちらもオススメ