子供向けのハロウィンメイクの方法をネット上で調べようとすると、結構色々な物が出て来ますが…該当は女の子ばっかりなんですよね。

なんでこうなるのかな?と言うと、それは多分男の子の場合はハロウィン衣装を着ればそれなりにまとまるから。と言う事が推測されますが、男の子向けハロウィンメイクを探しているママには不満以外の何者でもないでしょう。

そこで、今回はどうしても男の子向けハロウィンメイクの方法を知りたいママのため、10年近く川崎ハロウィンパレードのため、息子のメイクをやり続けた経験に基づき、年齢別のアイデアを色々紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

ハロウィンメイク男の子!0歳〜3歳まで

0歳から3歳位までの間ですが、あえて超現実的な話をすると、この時期は下記の理由からハロウィンメイクをするのは控えておいた方が無難です。

  • そもそも大人と比べて肌が弱いため、ママの化粧品にかぶれる可能性が高い。
  • メイクブラシ等がくすぐったくって明るく暴れるためメイクにならない。
  • とにかく動きたお年頃なので、そもそもじっとしている。と言う事が難しい。

ただ、ベビーパウダーを顔に塗りたくると血色が悪い感じになりますし、これなら衣装に着替える前にオムツ交換の時に鍛えたノリで行けば済むので、ドラキュラをする場合は参考にしてみて下さい。

ハロウィンメイク男の子!3歳〜5歳まで

3歳位になると5分程度ならじっとする事が出来るようになって来ますが、少しでも退屈だと感じると動き出す事が多いので、まだまだハロウィンメイクは難しくなります。

ただ、3歳児のハロウィンメイクには1つだけ例外が有ります。

それはフェイスペイントの道具の1つで有るフェイスクレヨンなのですが、この年の子はとにかくお絵描きが大好きでなんでも自分でしたがるため、鏡を見せながらハロウィンメイクをすると案外スムーズに行きます。

ちなみに、フェイスクレヨンは結構長く使えるため、うちのように毎年ハロウィンイベントに参加するつもりの方は1度購入したら使い切らずにそのまま取っておきましょう。

4歳〜5歳になると、理由が分かればじっとする事が出来る子が急に増えて来ますが、肌も大人並みになってくるので、ハロウィンメイクもこの位の年になるとママの化粧品で本格的な物が出来るようになって来ます。

で、そのハロウィンメイクなのですが、大人達のハロウィンメイクを参考にするとネタが尽きず、他の人と違う本格的なハロウィンメイクが出来るようになりますし、本人にも好みが出始めてくるため、「ママが再現可能」と言う範囲で動画をチョイスし、選ばせてみると良いでしょう。

ちなみに、この「ママが再現可能」と言う条件の理由ですが、動画でハロウィンメイクをアップしている人でカッコいいのはプロ級の人が多く、道具もプロ並みなので、ママでは再現不可能になる事が多く発生するからです。

スポンサーリンク

ハロウィンメイク男の子!小学校〜中学校位まで

小学校の低学年になると本人の性格でかっこいい派と怖い派に分かれますが、ここから先には本格的に大人向けのハロウィンメイクが動画が活躍するようになります。

しかし、その反面経費もかかってくるようになりますので、メイクの内容をよく調べ、「今有る物でいかに安く済ませるか?」と言う事を考えながらハロウィンメイクを実行しましょう。

ここで1つ有ると確実に便利なのが100均で販売されているメイクパレットになります。

ハロウィン時期になると出やすくなる商品になるのですが、これ1つ有ると本当に家族全員のハロウィンメイクが間に合うので、もし見つけたら即ゲットしておきましょう。

もちろん、小さい頃から使っていたフェイスクレヨンも相変わらず大活躍するので、この機会に使い切ってしまいましょう。

まとめ

男の子向けハロウィンメイクの年齢別アイデアをまとめるとこのようになります。

  1. 0歳〜3歳はそもそもハロウィンメイクが無理
  2. 3歳からがハロウィンメイクをやれるようになるお年頃
  3. 大人のハロウィンメイクを参考にするとネタが尽きない

川崎ハロウィンパレードに参加していた経験に基づき、男の子のハロウィンメイクを紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

ちなみに、うちの息子は今年で高校生ですが、もうよいよ今年からハロウィンメイクは準備からメイクまで自分でやれと宣言しています。

今年も川崎に行くかどうか?と言うのは知りませんが、行くなら行くで門限前には帰ってくるようにして欲しいものだと思っています。

スポンサーリンク
こちらもオススメ