運転免許証の証明写真って、満足な仕上がりになった事が1回もないと思いませんか?

 

流れ作業でどんどん撮影されていく免許センターの写真撮影システムが悪い!と言う人もいますが、この運転免許証の証明写真を服装も含めて満足のいく仕上がりにする方法というのはあるのでしょうか?

実は、あるんです!

もちろん持ち込みの証明写真になんて頼りません!

今回は、運転免許証の証明写真でどんなに忙しくても今すぐやる事ができる、きれいに撮られるための服装のテクニックを紹介します!

スポンサーリンク

運転免許証の証明写真の服装はこれがおすすめ!

さっそく結論から言いますと、運転免許証の証明写真を撮る服装は、白やベージュの服装で行くのがおすすめです。

オススメの理由は、白やベージュの服装には、顔の周りが明るくし肌色をワントーン上げる効果があるためです。

さらにニットなどの厚手の服装よりも、シャツやブラウスなどの薄手の服の方がすっきりとした印象に見えるので、運転免許証独特の重たい印象を和らげる効果があります。

襟(えり)にも注意が必要で、首元が見えた方が首が長く見えすっきりとした印象になります。

ただし、運転免許証の規定に「デコルテから上を撮影すると裸のように見える服装はダメ」と明記されているため、Vネックとホルターネックが限界になります。

こう考えると、暖かい時期や暑い時期に運転免許を更新する人の方がきれいに証明写真を撮影する機会に恵まれているといえますね。

しかし、寒い時期に運転免許証の更新をする人も、Vネックのセーターやホルターネックのトレーナーなどで白やベージュを選べば、明るい肌色に見せる事とすっきりとした印象にする事ができます。

白のホルターネックを使用する事で、最強の肌色アップ効果が期待できます。

免許証の証明写真の服装でダメなもの

先ほどもちらっと紹介しましたが、実は運転免許証の写真にはちゃんと服装に関する規定があります。

運転免許の更新をする時、免許センターで写真撮影をするほとんどの人が服装に関して何も言われないで写真撮影を通過しているので、運転免許証の更新をする時服装に関する規定は「無い」と思っている人が大半ですが、実はあるんです。

実は、私自身1度だけ引っかかった経験があるのですが、先ほど紹介した項目を含めると、その運転免許証の証明写真でダメとされる規定はこちらになります。

  • 明らかにおしゃれ用とわかるカラーウィッグ。
  • デコルテから上を撮影すると裸のように見える服装。
  • カラーコンタクトの使用。
  • サングラス、マスク、マフラーの使用。
  • コスプレなどの明らかに「普段の服装では無い」とわかる服装。

ちなみに、私が1度だけ引っかかったのは「マフラーの規定」になります。

私は冬生まれなので免許更新が冬になるのですが、寒くてつけたままにしていたら外すように言われました。

ちなみに、運転免許証の服装の規定は今回紹介したもの以外にもたくさんあるため、下記の持ち込み証明写真用の資料を参考に確認をしてみて下さい。

>>運転免許証の写真の規定を詳しくみてみる

スポンサーリンク

まとめ

運転免許証の証明写真でどんなに忙しくても今すぐやる事ができる、きれい取られるための服装のテクニックをまとめるとこのようになります。

  1. 白かベージュの服を着ていくと肌の色が明るく見える。
  2. 厚手の服よりも薄手の服の方がすっきりして見える。
  3. 寒い時期に免許更新する人でもきれいに撮影されるテクは使える。

運転免許証の証明写真でどんなに忙しくても今すぐやる事ができる、きれい取られるための服装のテクニックを紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

そういえば、誕生日の話題になると運転免許証の更新を思い出すのがドライバーあるあるですが、この時数年前の自分の写真を見て「…年取ったなあ」とか思いませんか?

スポンサーリンク
こちらもオススメ