「就活の証明写真の髪型違うの?変だよー」

 

こんな事を友達に言われたかどうかは知りませんが、この記事をお読みという事は、就活での証明写真の髪型に関して気にしてらっしゃる。という事ですね。

実は、私は数年前まで人事部に所属しておりまして、面接を担当しておりました。

今回は、就活の証明写真の髪型が違うのは面接官にどう思われるのか、当時の経験から紹介させていただきます。

スポンサーリンク

就活の証明写真で髪型違うとダメなの?

この記事を読んでいるあなたは「就活の証明写真で髪型が違うとどう思われるのか?」が1番気になると思いますので、実際に面接を担当した経験のある人間の立場から言わせていただきます。

就活の証明写真と髪型が違っていても、大幅なイメージチェンジでない限り面接担当者から「変」とは思われません。

正直、面接担当者は就活の証明写真と本人の髪型が違っていても、今目の前にいる本人の髪型も含め、身なり全般が清潔感のある状態ならそんなに気にすることも無く、採用不採用にも影響を与えません

確かに、面接官の中には髪型が違うとそれを指摘する人もいますが、それは教授が髪型が変わったあなたを見て、「あれ?髪切った?」と言ってくる同じで、ものすごーく軽いノリで言っている世間話です。

就活とは、ある意味あなたの人生に関わる事なので、はっきりと言わせていただきます。

むしろ、髪型が就活の証明写真と違う事を指摘されたくらいでおどおどしていたら、面接官からは育てるのにめちゃくちゃ手間のかかるダメ新人予備軍。と思われ、不採用になってしまう可能性が高くなります。

それに、書類選考が入っていた場合は書類選考の結果が発表される間の期間で髪が伸びるのは当たり前の事ですし、面接官だってその辺の事は分かっています。

むしろ、面接において求められているのは、「髪型変わったね」と言われてもそれを明るく話題にする事ができる度胸なので、どっしり構えて面接に臨んでください。

髪型変えたら就活の証明写真は撮りなおすべきか?

この項目で紹介する「髪型変えたら就活の証明写真は撮りなおすべきか?」と言う問題ですが、「大幅なイメージチェンジかどうか?」と言うのが撮り直すか?撮り直さないか?のキーワードになります。

例えば、ロングだったのを、就活を機にバッサリと切ったのならば大幅なイメージチェンジになるため、証明写真の取り直しが必要になります。

しかし、元々の髪型がショートで、それが伸びてきたから切り直しに行った。程度なら大幅なイメージチェンジにはならないため、証明写真の取り直しは必要ありません。

これ以外にも、明るかった髪の色を黒くしたり、パーマがかかっていたのをストレートにしたり、と言う場合は証明写真の取り直しが必要になります。

ただ…、いたって現実的に考えると、就活を機に大幅なイメージチェンジをする人というのは、大体証明写真を撮る前に大幅なイメージチェンジをします。

ですから、多くの人はイメージチェンジ後に証明写真の取り直しをして、イメージチェンジ前に撮影した証明写真は捨てます。

なので、就活の証明写真の撮り直しは、「大幅なイメージチェンジをしたら撮り直し」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク

ところで、就活の証明写真は何のためにあるの?

この項目のタイトルにもなっていますが、就活の証明写真って何のためにあるのでしょうか?

これは実際に面接担当をした事があるから紹介できる情報なのですが、就活の証明写真は、あなたと直接話をする事ができない面接担当者以上の役職の人が合否を判断するための材料とするために使用します。

主に人事に関わる上層部と社長クラスの皆さんなのですが、面接が終わると面接担当者はあなたの印象などが書かれた内部資料と共に履歴書を上層部に送り、正式な採用の合否を仰ぎます。

上層部は履歴書に書かれているあなたの経歴やエントリーシート、そして面接担当者から来た内部資料を参考に合否を決めるのですが、この時「大体どう言う印象の人か?」と言う事を知るために履歴書に貼られた就活の証明写真を参考にします。

この証明写真が採用の合否に関わる比率、と言うのは業界によりますが、私が面接担当をしていた頃所属していた食品業界では、全体の10%程度しか採用の合否に影響を与えなかったように記憶しています。

ただ、あまりにもふざけた見た目の証明写真だと、いくら面接担当が内部資料で推薦して、さらに当日はちゃんとした身なりで来たとフォローしたとしても、上層部は不採用と判断する可能性が高くなります。

ですから就活の証明写真はきちんととした身なりで撮りましょうね。

まとめ

就活の証明写真で髪型違うと変かどうか?についてまとめるとこのようになります。

  1. 就活の証明写真で髪型が違っていても採用の合否に影響はほとんどない。
  2. 大幅なイメージチェンジをしたら就活の証明写真は撮りなおすべき。

就活の証明写真で髪型違うと変かどうか?について紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

最後になりますが、就職を成功させるために必要なものは度胸です。

物怖じしない態度こそ最大の武器なので、どっしりかまえて就活に挑んでくださいね。

スポンサーリンク
こちらもオススメ