今人気のレザースニーカーですが、汚れが気になって来た時に一体どのように対応した良いのでしょうか?

キャンバス地が洗えるんだからこれだって…と、思っているのなら今すぐ止めましょう!

今回は、レザースニーカーの正しい洗い方や普段のお手入れを知りたいあなたのため、レザースニーカーのお手入れに関する情報をぎゅっと詰めて紹介します。

スポンサーリンク

レザースニーカーの洗い方

レザーそのものが水洗いが出来る製品ではないため、レザースニーカーの洗い方は泡で汚れを包んで落とす。と言う作業になります。

必要な道具は、中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)、台所用スポンジ、タオルになります。

手順は下記のようになります。

  1. 薄くした中性洗剤を台所用スポンジに乗せ、たっぷりと泡を立てる。
  2. 泡をたっぷりと立てたら、レザースニーカーに泡を乗せていき、台所用スポンジの柔らかい部分で優しく擦るように洗う。
  3. 全体が洗い終わったら、タオルで泡を拭き取り、陰干しをして終わり。

このように、「洗う」と言うイメージとは離れた洗い方をするレザースニーカーなのですが、これをするとあっという間に今まで溜まっていた汚れまで落ちるので、シーズン毎にこの洗い方をしてピカピカなレザースニーカーを維持しましょう。

ところで、日陰干しだとカラッと乾かないような気がする人もいますが、レザースニーカーの素材で有るレザーが太陽の光に弱い素材になりますし、あまり乾燥しすぎると、レザーと言う素材はひび割れて来て長持ちしなくなってしまいます。

レザースニーカーを1シーズンで使い捨てる!というのなら話は別ですが、長く使い続けたい人は必ず日陰干しにしましょう。

レザースニーカーの洗い方~インソールや紐はどうすればいいのか?

ところで、レザースニーカーがいくら水洗い出来ないとは言っても、外れるタイプで有るのならインソールと靴紐位は洗う事が出来ます。

これの洗い方なのですが、まず靴紐とインソールを外し中性洗剤か靴用洗剤を付けた古歯ブラシでよくこすり落としましょう。

その後、水洗いをして陰干しにし、再び靴に装着したら完成です。

ちなみに、引率は100均でも手に入る物なので、インソールが取り外せな人でもこの100均のインソールを使う事で清潔を保つ事が出来るのでおすすめです。

スポンサーリンク

レザースニーカーの洗い方~ラバー部分はどうしたらいいのか?

ラバー部分の汚れは、メラニンスポンジや消しゴムで擦ると汚れが落ちるので、その方法を使用して汚れを落としましょう。

もしこれでも落ちない場合は、最終手段としてエタノールを含ませた布で拭き取る。と言う方法が有ります。

しかし、この方法はラバー部分を痛めてしまう事が多々有るので、あくまで最終手段として取っておきましょう。

乾いたレザースニーカーはどうしたら良いのか?

乾いたレザースニーカーは、靴用品店やホームセンターで購入する事が出来る革製品用のクリームを使用してお手入れをする事が出来ますが、この時必ずどんな色の革製品でも使用する事が出来る無色か白の物を購入し、決して黒や茶色の革クリームを使用しないようにしましょう。

ちなみに、ホームセンターでは革専用のクリーナーも販売されているので、中性洗剤で丸洗いをするのが心配という人はこちらの革製品専用クリーナーを使用してレザースニーカーを洗いましょう。

洗う頻度はどのくらい?

レザースニーカーのお手入れは月1度すれば良いのですが、泡での丸洗いは大体ワンシーンズン毎に行えば十分です。

ちなみに、デイリーなお手入れは豚毛ブラシを使用してゴミや砂を落とすと良いです。

まとめ

レザースニーカーの洗い方についてまとめるとこのようになります。

  • レザースニーカーの洗い方は、泡だてた中性洗剤を含ませたスポンジで擦り落として拭き取る。
  • インソールと靴紐は取り外せる場合水洗いにする。
  • 時々革用クリームで手入れをすると良い。

レザースニーカーの洗い方やお手入れ方法に関して紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

私が今回紹介した情報が、あなたの「調べるのが大変」を解消するお手伝いになれば幸いです。

スポンサーリンク
こちらもオススメ