引っ越しナンバープレート変更

引越しに伴う手続きと言うのは本当に沢山有りますが、自家用車を所有している人には、引越しに伴ってこの自家用車に関わる各種変更手続きも必要になります。

その、自家用車に関わる手続きの中に、車のナンバープレートに関する物も有ります。

車検の住所変更をする時に行く運輸支局で受け付けているのですが、車検の住所変更ついでで行けるので、事前準備さえしっかりしていれば、車検の住所変更からナンバープレートの変更まで、丸一日で済みます。

しかし、県外から引越ししてきた場合、県外ナンバーだと駐車場で見つけ易いので、出来れば県外ナンバーのままでいたいと思うでしょう。

実際に、ナンバープレートを変更しなくても、車検を受ける事は出来ますし、普通に暮らす分に不便はほとんどありません。

が、後々になって、本当に忘れた頃にナンバープレートを交換していなかった事で不便が生じるのです。

今回は、ナンバープレートを交換しないとどうなるのか?についてご紹介します。

スポンサーリンク

ナンバープレートを変更する理由

まず、車のナンバープレートを交換する必要がある理由の筆頭は、「道路運輸車両法」と言う法律で、「使用の本拠地が変わった場合には、15日以内に変更登録の手続きを申請しなければならない」と言う風に決まっていて、これに違反すると50万円の罰金になってしまうからです。

ざっくり言うと、引越しをしたり車の保管場所が変わったら15日以内に運輸支局に来て全部変更しないと罰金50万円徴収するからねー。と言う事なのですが、実際にこれを守っている人はあまりいません。

なぜ法律で定められているのに守られていないのか?

それは、この法律を違反しても、実際に罰金を取られた人がほとんどいないからです。

車検も県外ナンバーで受けられますし、運転免許証の住所変更さえしていれば更新ハガキは来ますし、何より車の各種税金にしても、自動引き落としにしておけば、残高不足にならない限り不便は生じません。

これで、免許証の更新の際にでもチェックする機能があれば確実にナンバープレートの変更はなされるのでしょうが、こんなチェック体制もいまの日本にはありませんので、まさしく絵に描いた餅と化しているのです。

ナンバープレートを変更していないとどうなるのか?

では、実際にナンバープレートの交換をしていないとどういう結果になるのでしょうか?

一見すると全くもって不便がないように見えますが、実はナンバープレートを変更していないという事は、後々になって地味な不便が生じるのです。

交通違反をした時に本人確認が取れない

車を運転している人なら、誰でも1回や2回は軽い交通違反をし、いわゆる違反切符を切られているものですが、ナンバープレートが県外ナンバーだと、意外な所で本人確認が取れず、ただでさえも時間のかかる違反キップを切られるまでがより時間のかかるものとなってしまいます。

特に、もし手続きをする警察官がこのナンバープレートの交換をしていない件に関してこだわりを見せるような人だったら、余計に時間がかかり、より一層面倒なことになる可能性もあります。

盗難をされた時に本人確認が取れない

以前より他の先進国と比較すると安全と言える日本ですが、その日本でも車の盗難はあり得ない事でなくなってきました。

車上荒らしもそうですが、もし車の盗難が有った時、自分の車で有る事を証明するのはナンバープレートです。

取り外しをされていたらお終いですが、車の盗難でナンバープレートの取り外しまでしてくるような事は早々ありません。

もし県外ナンバーだった場合、発見をされても所有者の特定に手間取りなかなか連絡がこないということも考えられますし、1カ所でも違いがあれば、そこを確認するのに時間がかかる事もあり得ます。

警察官というのは疑い調べるのが仕事ですから、優秀な人ほど確認は気が済むまでやります。

なので、それを回避するためにも、しっかりとナンバープレートを交換しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

引越しの際にナンバープレートの交換をする必要性をまとめると、このようになります。

  • ナンバープレートの交換は、「道路運輸車両法」で義務と決まっている。違反したら罰金50万円
  • しかし、現実問題として、ナンバープレートの交換違反で罰金を受けた人はほとんどいない。ほとんどいないから誰も守らない。
  • しかし、ナンバープレートの交換をしていないと、警察官と関わった時に面倒が生じる。

ナンバープレートの交換をしていないとどうなるか?と言う事をご紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

なお、運輸支局関連の変更手続きは、費用がかかる事を除けば車検ついででディラーでやってもらえる事も有ります。

そして、ディーラーでやってもらう事のもう1つの利点は、もしリコールが出た時、ディーラーは自社で保管している顧客の住所に送ってくるので、その住所を明確にする事で、万が一に備えることができると言う事に有ります。

自分でやるか?依頼するかはお好みですが、車関係の事もちゃんと住所変更をしておきましょう。

スポンサーリンク
こちらもオススメ