「かわいいサンタクロースのイラストが欲しい!」と思って検索をしてみると、

たくさんの「かわいいサンタクロースの書き方」と「簡単なサンタクロースの書き方」が出てきますよね。

でも、「かわいい」のはいいとして、「簡単に」書けるサンタクロースというのは、実際に書いてみないと本当のところは分からないものです。

そこで今回は、画力0主婦の私がガチで書いてみて、本当に数回の練習で書けたかわいいサンタクロースのイラストを3つと、ちょっと難しいけどやりごたえのある本格的な書き方のサンタクロースのイラストを紹介します。

スポンサーリンク

卵アートサンタクロース

イラストレーターのなつみさんによる、卵みたいにコロッとした可愛いフォルムのサンタクロースの書き方です。

何回か練習をすれば確実に書けるようになる簡単なイラストなのですが、動画を見て頂いた通り本当に可愛いサンタクロースのイラストになります。

さらにこのイラスト、卵型の発泡スチロールに書けば、イースターエッグ風のクリスマスツリーのオーナメントにするのも出来る。と言う1つで2つ美味しいイラストになります。

これと同じ卵アートでトナカイも有るので、是非クリスマスキャラを全部書いてみて下さいね。

簡単イラスト講座 サンタクロースの書き方

先程紹介した卵アートに引き続き、こちらもイラストレーターのなつみさんによる簡単に書けるサンタクロースの書き方になります。

先ほどの卵アートの時とは打って変わり、オーソドックスなサンタクロースのイラストになります。

こちらも何回か練習をすればスラスラと書ける簡単なイラストです。

手書きのポップを書く機会が多い人はもちろん、保育士さんや先生まで幅広い層で、覚えておくとすごく便利なサンタクロースの書き方です。

スポンサーリンク

リラックマサンタの書き方

左利きの人による簡単で可愛いイラストの書き方が知りたい時におすすめなのが、こちらのリラックマサンタの書き方を紹介した動画になります。

本人は下書き無しのフリーハンドでスラスラ書いています。

でも、この書き方が出来るのは、相当絵を書き込んでいる証拠なので、慣れない内は下書きを書いてから線を入れる。という安全なやり方にしておきましょう。

もちろん、下書きありで確実にスラスラ書ける自信が付いてきたら、下書き無しのフリーハンドで書くのに挑戦をしてみるのは大いにありです。

初心者向け 簡単トリックアートサンタ

ここまでいくつか簡単に書けるサンタクロースの絵を紹介しましたが、最後に紹介をするのはこちらの「初心者向け 簡単トリックアートサンタ」です。

こちらは、影の付け方で立体的に見せる「トリックアートの技術」を使用したサンタクロースのイラストです。

確実に可愛いイラストなのに立体的に見えるため、これが書けるようになるとグリーティングカードで大活躍します。

この動画の方法は、トリックアートとしては簡単な分類に入りますが、下書きをちゃんと書いてから仕上げると言う本格的な書き方になります。

学校の美術では習ったことはあるんだけど、イラストを書く機会なんてないほとんどの大人が忘れている「影の付け方」などの技術を使用しています。

立体的に見せる書き方の練習をしてみたい時はもちろんですが、先に紹介した簡単なイラストでは満足出来ない、書きごたえの有るサンタクロースのイラストを書いてみたい全ての人達におすすめです。

まとめ

可愛いんだけど確実に簡単に書けるサンタクロースの書き方と、ちょっと難しいけどやりごたえのあるサンタクロースの書き方を紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

今回紹介したサンタクロースのイラストは、私も実際書いてみて簡単でびっくりしたオススメばかりなので、是非あなたも挑戦をしてみて下さい。

スポンサーリンク
こちらもオススメ